HOME







デヴィッド・ボウイCDアルバムレビュー一覧David Bowie

デヴィッド・ボウイのアルバムはキャリアが長く多作の為にかなりの数になります。
オリジナルアルバムのディスコグラフィーとしてはこれで全てです。(2013年現在)

アルバムごとに内容がかなり異なる為にベストアルバムを聴いても全体像が掴みにくいです。


どれがおすすめと言うのは難しい所ですが、初心者なら『ジギー・スターダスト』、『ハンキー・ドリー』、辺りが聴きやすいと思います。

間違っても80年代後半のアルバムやベルリン時代から聴いてはいけません(笑)




■CDレビュー記事



ライブアルバム




Tin Machine ティン・マシーン




編集盤・再発リマスター盤






ベスト盤




その他




Itunes David Bowie一覧


関連グッズ






デヴィッド・ボウイ関連書籍・バンドスコア

デヴィッド・ボウイTシャツ

デヴィッド・ボウイ関連SACD

デヴィッド・ボウイ関連DVD

デヴィッド・ボウイ/ナッシング・ハズ・チェンジド オールタイム・グレイテスト・ヒッツ3

デヴィッド・ボウイの実に50年のキャリアを総括するオールタイムベストアルバムの3枚目のディスク。
70年代前半~デビュー当時までの時期の代表曲を収録。

B00O2BP2HEナッシング・ハズ・チェンジド~オールタイム・グレイテスト・ヒッツ<デラックス・エディション>
デヴィッド・ボウイ
ワーナーミュージック・ジャパン 2014-11-18

by G-Tools


ディスク:3
1. フェイム
2. ヤング・アメリカンズ (2007 トニー・ヴィスコンティ・ミックス・シングル・エディット)
3. ダイアモンドの犬
4. 愛しき反抗
5. 愛の悲しみ
6. ドライヴ・インの土曜日
7. すべての若き野郎ども
8. ジーン・ジニー (オリジナル・シングル・ミックス)
9. 月世界の白昼夢
10. ジギー・スターダスト(屈折する星くず)
11. スターマン (オリジナル・シングル・ミックス)
12. 火星の生活 (2003 ケン・スコット・ミックス)
13. ユー・プリティ・シングス
14. チェンジス
15. 世界を売った男
16. スペイス・オディティ
17. イン・ザ・ヒート・オブ・ザ・モーニング (ステレオ・ミックス)
18. 愚かな少年
19. キャント・ヘルプ・シンキング・アバウト・ミー (MONO)
20. ユーヴ・ガット・ア・ハビット・オブ・リーヴィング (MONO)
21. リザ・ジェーン (MONO)

さていよいよ3枚目でこれが最後のディスクとなる。
そしてディスクを取り出した裏側には・・・

ボウイ直筆の『ジギー・スターダスト』の作詞カードの画像があった。
こんなちょっとした事もファンには嬉しいものだ。

ボウイ直筆の『ジギー・スターダスト』の作詞カード

ブラック志向時期の『フェイム』と『ヤング・アメリカンズ 』を聴き終わった後の70年代の前半は、ボウイにとってグラムロック時代であり、最もロック色が強くギラギラしていた時期でもあった。

この辺りの音源はほぼ出し尽くされており、目新しいバージョンはないが、リマスターの音質で聴くので新鮮味がある。

その中でも『火星の生活 (2003 ケン・スコット・ミックス)』は、オリジナルの曲の良さを際立たせるクリアで丁寧な仕事ぶり。

通常のデヴィッド・ボウイのベストではラストになる『スペイス・オディティ』で終わらないのがこのベストの違うところ。

無視し続けられていたデビューアルバムやソロデビュー前のバンド時代、しかもデヴィッド・ボウイになる前のデイヴィー・ジョーンズ時代の曲まで収録されている。

このあたりの選曲は、ボウイ自身の意思がかなり反映されているのだろう。
それは、60年代の売れない時代の曲をセルフカバーした未発表アルバムのToyの内容を見てもよく分かる。

現在のボウイのイメージとは似ても似つかないフォーク青年の曲から、スターに憧れる無名のモッズ少年ががなり立てている曲で終わる。

ずっと聴いてきたら何だかちょっと涙が出そうなくらい切なくなった。

▼ナッシング・ハズ・チェンジド オールタイム・グレイテスト・ヒッツ3収録曲の動画

デヴィッド・ボウイ/ナッシング・ハズ・チェンジド オールタイム・グレイテスト・ヒッツ2

デヴィッド・ボウイの実に50年のキャリアを総括するオールタイムベストアルバムの2枚目のディスク。
90年代前半~70年代後半までの時期の代表曲を収録。

3枚のディスクの内、ヒット曲が最も多く聴きやすい曲が多いので、初心者がボウイの軌跡を知るには打ってつけ。

B00O2BP2HEナッシング・ハズ・チェンジド~オールタイム・グレイテスト・ヒッツ<デラックス・エディション>
デヴィッド・ボウイ
ワーナーミュージック・ジャパン 2014-11-18

by G-Tools


ディスク:2
1. 郊外のブッダ
2. ジャンプ・ゼイ・セイ (ラジオ・エディット)
3. タイム・ウィル・クロール (MMリミックス)
4. ビギナーズ (シングル・ヴァージョン)
5. ダンシング・イン・ザ・ストリート
6. ラヴィング・ジ・エイリアン (シングル・リミックス)
7. ディス・イズ・ノット・アメリカ -with パット・メセニー・グループ
8. ブルー・ジーン
9. モダン・ラヴ (シングル・ヴァージョン)
10. チャイナ・ガール (シングル・ヴァージョン)
11. レッツ・ダンス (シングル・ヴァージョン)
12. ファッション (シングル・ヴァージョン)
13. スケアリー・モンスターズ(アンド・スーパー・クリープス) (シングル・ヴァージョン)
14. アッシュズ・トゥ・アッシュズ (シングル・ヴァージョン)
15. アンダー・プレッシャー
16. ボーイズ・キープ・スウィンギング
17. ヒーローズ (シングル・ヴァージョン)
18. サウンド・アンド・ヴィジョン
19. ゴールデン・イヤーズ (シングル・ヴァージョン)
20. 野生の息吹き (2010 ハリー・マスリン・ミックス)

90年代前半から70年代後半だから、こうやって1つのディスクに収録されていても物すごい長い時期であり、この期間にボウイは恐ろしい位に変化していっている。

『タイム・ウィル・クロール (MMリミックス)』以外に、特にこれと言った珍しいバージョンの曲はないが、デヴィッド・ボウイが最もセールス的に充実していた時期なので、こうやって曲を並べるとゴージャス感がある。

ラジオ・エディットやシングル・ヴァージョンとなっている曲の大半は、単にオリジナルよりも曲を短く収録してあるバージョンなので面白みは無いが、曲数を多く入れるためには仕方ない。

『ビギナーズ』もだいぶ短くなっているが、アルバム未収録なので、初めて聴くファンも多そうだ。(実は一番売れた曲だったり)

ミック・ジャガーとの共演の『ダンシング・イン・ザ・ストリート』とクイーンとの共演の『アンダー・プレッシャー』もアルバム未収録曲だ。

クイーンとの共演は、今となっては本当に伝説になってしまった。
お互いに自分のパートを作曲したと思われるこの曲は、90年代後半以降ツアーから外せない定番曲となった。

リマスターについて


本当に1999年のリマスターはひどかった。
まさかそのまま10年以上もリマスターされないままだとは思わなかった。

そんな中やっと出た今回のリマスターは、前回のバランスの悪さと音の硬さという問題点を完全にクリアした柔らかでアナログ的な優しく伸びのある音になった。

現時点ではこれ以上の音質はないと思える。

ナッシング・ハズ・チェンジド オールタイム・グレイテスト・ヒッツ3へ続く

▼ナッシング・ハズ・チェンジド オールタイム・グレイテスト・ヒッツ2収録曲の動画

デヴィッド・ボウイ/ナッシング・ハズ・チェンジド オールタイム・グレイテスト・ヒッツ

デヴィッド・ボウイの実に50年のキャリアを総括するオールタイムベストアルバム
収録曲は新曲を含む全59曲3枚組のボリュームで2014年の最新リマスター。

B00O2BP2HEナッシング・ハズ・チェンジド~オールタイム・グレイテスト・ヒッツ<デラックス・エディション>
デヴィッド・ボウイ
ワーナーミュージック・ジャパン 2014-11-18

by G-Tools


曲名リスト Disc1
1. スー(オア・イン・ア・シーズン・オブ・クライム)
2. ホエア・アー・ウィ・ナウ?
3. ラヴ・イズ・ロスト (ハロー・スティーヴ・ライヒ・ミックス by ジェームス・マーフィー・フォー・ザ・DFA・エディット)
4. ザ・スターズ
5. ニュー・キラー・スター (ラジオ・エディット)
6. エヴリワン・セズ・ハイ (エディット)
7. スロー・バーン (ラジオ・エディット)
8. レット・ミー・スリープ・ビサイド・ユー <未発表ヴァージョン>
9. ユア・ターン・トゥ・ドライヴ
10. シャドー・マン
11. セヴン (マリウス・デ・ヴリーズ・ミックス)
12. サヴァイヴ (マリウス・デ・ヴリーズ・ミックス)
13. サーズデイズ・チャイルド (ラジオ・エディット)
14. アイム・アフレイド・オブ・アメリカンズ (V1) (ラジオ・エディット)
15. リトル・ワンダー (エディット)
16. ハロー・スペースボーイ (ペット・ショップ・ボーイズ・リミックス) -with ペット・ショップ・ボーイズ
17. ハーツ・フィルシー・レッスン (ラジオ・エディット)
18. ストレンジャーズ・ホエン・ウィ・ミート (シングル・ヴァージョン)

最初は、この『ナッシング・ハズ・チェンジド』に関してはたいして興味がなく全く購入する気はなかった。
いやだって全部のアルバム持っているからいらないでしょ?って感じでスルーしようと思っていた

だが、近所のショップで流れていたのを聴いたら、「あれ?妙にリマスターで音が良くなってない?」を感じて気になっていた。

でまあ、結局買っちゃった訳ですな。
何しろ3枚組とボリュームが多いので1枚ずつ紹介していこうかと。

選曲について


何しろ50年のキャリアだから、なんてあの曲が収録されていない?何て言っても仕方がない。
それでも一応代表曲は網羅してあるじゃないかと。

それでもここに収録された曲は、ボウイの部分的な魅力に過ぎないけど。

曲順が、通常のベストだと古い曲順になっているのに、新しい曲順になっているのがいかにもボウイらしい。
オールドファンならまるでタイムスリップするかのようにその楽曲の発表された時期の事を思い出す事もあるだろう。

ディスク:1


最新曲から2000年代~90年代後半までの曲が収録されているのがこのディスク。

比較的新しい楽曲でもしっかりとリマスターはされているらしい。
アルバムに収録されているバージョンとはミックス違いの曲が多いが、ボーナストラックとかに収録されていたりするので取り立てて新鮮な印象は少ない。

マニアに嬉しいのは『レット・ミー・スリープ・ビサイド・ユー』の未発表バージョンとシングルのカップリングだった『ハロー・スペースボーイ』のペット・ショップ・ボーイズ・リミックスが収録されているところあたりか。

それと『マリウス・デ・ヴリーズ・ミックス』の曲は原曲とだいぶアレンジが変わっていて新曲として充分に楽しめる。

ナッシング・ハズ・チェンジド オールタイム・グレイテスト・ヒッツ2へ続く

▼ナッシング・ハズ・チェンジド オールタイム・グレイテスト・ヒッツ1収録曲の動画

スマッシング・パンプキンズ / ヴューフォリア [DVD]

今となっては貴重なオリジナルメンバーのみで構成された初期スマパンの映像集。

ライブ以外にもツアー先でのTV出演時の映像あり、訳の分からないメンバーの寸劇もありの盛りだくさんの内容。

ヴューフォリア [DVD]ヴューフォリア [DVD]
スマッシング・パンプキンズ

曲名リスト
1. Quiet(Live in Atlanta’93)
2. Disarm(English TV’93)
3. Cherub Rock-acoustic(MTV Europe’93)
4. Today(Live in Chicago’93)
5. I Am One(Live in Barcelona’93)
6. Soma(Live in London’94)
7. Slunk(Live on Japanese TV’92)
8. Geek USA(Live on German TV’93)
9. Mayonaise-acoustic(Live Everywhere’88-’94)
10. Silverfuck(Live in London’94)\〈映像特典〉ダイアローグ(未発表曲)/スタジオでのインタビュー風景/ザ・ロスト’94・テープ:クワイエット/スネイル/シヴァ/アイ・アム・ワン/奇人U.S.A./ソマ/ハマー/ポーセリナ/シルヴァーファック

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


全体的にはライブとテレビ出演時の出演シーンが中心なので充分に楽しめるが、その間に挟まれる寸劇が見ていてちょっと苦痛だった。

この『ヴューフォリア』を発売時の94年に輸入版のビデオで購入した時は毎回寸劇のいらない場面を早送りをしなければいけなかったので大変だった。

それが今やDVDになったらデジタルでチャプター付きで選曲可能なんだから本当に良い時代になったもんだ。

やっぱり今のスマパンしか知らないファンには、この頃の毛がフサフサしていてファーが付いたコートとか、カラフルでグラムロック風なファッションのビリー・コーガンは異様に見えるのかも知れないな。

注目は日本の深夜番組で収録された『0slunk』。
司会をしていた三宅裕司と森口博子もしっかりと写っていて、三宅裕司なんてわざわざアップショット付きだ。

さらにいつもの轟音ギターではなく、アコースティックバージョンの『Cherub Rock』や『Mayonaise』なんてレアな映像も収録されている。

そしてVHSでは収録されていなかったDVD特典として94年のライブが8曲も収録されている。
こちらは普通に収録されているライブ映像だがこれはこれでよし。

ただ収録曲はかなりダブっているのが残念。

個人的には、今のスマパンはスマパンであってスマパンではない。
いつまで経っても、この時のオリジナルメンバーのスマパンしか受け入れられない。

▼ヴューフォリア収録映像の視聴