HOME







スマッシング・パンプキンズ / ヴューフォリア [DVD]

今となっては貴重なオリジナルメンバーのみで構成された初期スマパンの映像集。

ライブ以外にもツアー先でのTV出演時の映像あり、訳の分からないメンバーの寸劇もありの盛りだくさんの内容。

ヴューフォリア [DVD]ヴューフォリア [DVD]
スマッシング・パンプキンズ

曲名リスト
1. Quiet(Live in Atlanta’93)
2. Disarm(English TV’93)
3. Cherub Rock-acoustic(MTV Europe’93)
4. Today(Live in Chicago’93)
5. I Am One(Live in Barcelona’93)
6. Soma(Live in London’94)
7. Slunk(Live on Japanese TV’92)
8. Geek USA(Live on German TV’93)
9. Mayonaise-acoustic(Live Everywhere’88-’94)
10. Silverfuck(Live in London’94)\〈映像特典〉ダイアローグ(未発表曲)/スタジオでのインタビュー風景/ザ・ロスト’94・テープ:クワイエット/スネイル/シヴァ/アイ・アム・ワン/奇人U.S.A./ソマ/ハマー/ポーセリナ/シルヴァーファック

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


全体的にはライブとテレビ出演時の出演シーンが中心なので充分に楽しめるが、その間に挟まれる寸劇が見ていてちょっと苦痛だった。

この『ヴューフォリア』を発売時の94年に輸入版のビデオで購入した時は毎回寸劇のいらない場面を早送りをしなければいけなかったので大変だった。

それが今やDVDになったらデジタルでチャプター付きで選曲可能なんだから本当に良い時代になったもんだ。

やっぱり今のスマパンしか知らないファンには、この頃の毛がフサフサしていてファーが付いたコートとか、カラフルでグラムロック風なファッションのビリー・コーガンは異様に見えるのかも知れないな。

注目は日本の深夜番組で収録された『0slunk』。
司会をしていた三宅裕司と森口博子もしっかりと写っていて、三宅裕司なんてわざわざアップショット付きだ。

さらにいつもの轟音ギターではなく、アコースティックバージョンの『Cherub Rock』や『Mayonaise』なんてレアな映像も収録されている。

そしてVHSでは収録されていなかったDVD特典として94年のライブが8曲も収録されている。
こちらは普通に収録されているライブ映像だがこれはこれでよし。

ただ収録曲はかなりダブっているのが残念。

個人的には、今のスマパンはスマパンであってスマパンではない。
いつまで経っても、この時のオリジナルメンバーのスマパンしか受け入れられない。

▼ヴューフォリア収録映像の視聴

スマッシング・パンプキンズがアコースティックライブを公開

スマッシング・パンプキンズが、インターネット・ラジオ局「Absolute Radio」のセッションとして収録された5曲の映像を公開した。

もうスマッシング・パンプキンズ(スマパン)とは、ビリー・コーガン1人を指す名称だと思った方が良さそう。
隣の男はもう誰だか分からない。

それにしてもビリー太ったなぁ。年齢的に心配なくらいに。
プロレスラーみたいじゃないか。

曲目は以下のとおり。

'One and All'
'Being Beige'
'Drum + Fife'
'Burnt Orange Black',
'Disarm'


最後に『Disarm』を持ってくる辺り、泣かせる。

昔の楽しそうにギターを弾いているビリーではなく、
淡々とあっさりと最後まで終わってしまうが、色々なものを背負い込んだ分、枯れた魅力も出てきたかな。

▼スマパン/Absolute Radio」のセッションライブの動画

エイフェックス・ツインの未発表デモ音源100曲以上が無料ダウンロード

エイフェックス・ツイン本人と思われるユーザー、『er48736353001』が、110曲をまとめたプレイリストの公開とともに各音源のダウンロード配布をスタートさせている。

音源は、90年代に制作した作品らしい。
当初は100曲ちょっとだったのが現在では130曲にまで増えている。

こちらがその音源。
曲リストごとに無料ダウンロードも可能。



シンプルだけどやっぱり癒される・・・
なんかずっと聴いていられる音楽だな。

アルバムに収録されても遜色ないレベルの楽曲を110曲も無料公開するなんて太っ腹。

でも無料で公開ってどうなの?



いやもちろん嬉しいんだけど、こんな事が続いたら本当にミュージシャンの収入ってさらに減ってしまうんじゃないかという懸念もある。

90年代までだったらこれらの楽曲は、未発表曲を集めたアルバムとしてCD発売してそれなりの売上げになったはず。

それがどうせ売れないからって事なんだろうか?

音楽=無料って事が定着してしまうとますます後進が育ってこない気がする。

最近だとマドンナやビョークがアルバム発表前にネット上に音源をリークされてあわてて発売日を早めるなんてのがあったけ。

まあ今回のエイフェックス・ツインの音源は、本人が過去の未発表音源を公開した訳だからまったく意味が違うんだけど、何となく少し違和感があったのも確かだった。

まあ本人の意思でファンへのプレゼントって事ならやっぱりこれは嬉しいしありがたい。

デヴィッド・ボウイCDアルバムレビュー一覧David Bowie

デヴィッド・ボウイのアルバムはキャリアが長く多作の為にかなりの数になります。
オリジナルアルバムのディスコグラフィーとしてはこれで全てです。(2013年現在)

アルバムごとに内容がかなり異なる為にベストアルバムを聴いても全体像が掴みにくいです。


どれがおすすめと言うのは難しい所ですが、初心者なら『ジギー・スターダスト』、『ハンキー・ドリー』、辺りが聴きやすいと思います。

間違っても80年代後半のアルバムやベルリン時代から聴いてはいけません(笑)




■CDレビュー記事



ライブアルバム




Tin Machine ティン・マシーン




編集盤・再発リマスター盤






その他




Itunes David Bowie一覧


関連グッズ






デヴィッド・ボウイ関連書籍・バンドスコア

デヴィッド・ボウイTシャツ

デヴィッド・ボウイ関連SACD

デヴィッド・ボウイ関連DVD

『デヴィッド・ボウイ・イズ』(ドキュメンタリー映画)を観に行って来た

デヴィッド・ボウイのドキュメンタリー映画『デヴィッド・ボウイ・イズ』の公開したので観に行ってきた。

公開期間は、東京・新宿では、2015年1月24日(土)から29日(木)までだが、それ以外の地方都市では1月24日(土)のみだった。

イオンシネマみなとみらいへ観に行ったんだけど、直前までクイーンズイーストで買物をしていたら10分ほど遅れてしまった。

映画の公開日は、この日のみでしかも上映はたった1回しかないのにやっちまった。

490670087Xデヴィッド・ボウイ・イズ
ヴィクトリア・ブロークス ジェフリー・マーシュ 野中モモ
スペースシャワーネットワーク 2013-07-10

by G-Tools


客席は会場の半分も埋まってないかな?

ちょうどボウイの生い立ちのパートが終わった頃だったみたいだ。

映画の内容は、イギリスのヴィクトリア&アルバート博物館で開催された回顧展「デヴィッド・ボウイ・イズ」の解説とボウイとゆかりのある人物によるスピーチが中心となっている。

ステージ衣装、歌詞などの創作活動に使われたメモ、ストーリーボード、ダイアリーなどの貴重な資料が満載。

ボウイ直筆の『スターマン』の歌詞の何度も手直しされたメモ等も公開されていた。
ボツになったバージョン違いのジャケット写真等の貴重なアートワークもありボウイファンなら間違いなく楽しめる内容。

衣装は、ジギー・スターダスト のジャケットで着ていたジャンプ・スーツからアースリングのジャケットで着ていたユニオン・ジャックを切り裂いたデザインの衣装など様々展示している。

山本寛斎が、思い切り日本語なまりの英語で、「その時、彼が私のデザインした衣装を着て宙から降りてきたのです」と話している時に何故だか涙が流れた。全然泣かせる演出じゃないのに。


この回顧展は、世界中を回っているそうなのでいずれ日本にも来るのだろうか?

今後ビデオ化やテレビ放映の予定はないそうなので新宿まで観に行けるボウイファンは是非行っておいた方が良いと思う。

でもいつかはDVD化して欲しい位内容は詰まっていて見ごたえがある。


2015年1月24日(土)〜29日(木)まで

東京・新宿ピカデリー

劇場販売のみ 一律2,500円(税込)

監督 : ハミッシュ・ハミルトン
上映時間 : 98分
製作国 : イギリス
配給 : カルチャヴィル合同会社



映画『デヴィッド・ボウイ・イズ』の一部はYoutube上に公開されている。

【おすすめ関連レビュー記事】

デヴィッド・ボウイCDレビュー一覧


▼デヴィッド・ボウイ・イズの動画視聴