Discジャンキーズ-洋楽おすすめCDレビュー

おすすめの洋楽ロックの70~90年代を中心としたアルバムレビューと似ている曲を紹介するブログ

Nirvanaニルヴァーナ/ネヴァーマインド

90年代ロック、最後のロックムーブメント、グランジ、オルタナディブを代表するアルバムでニルヴァーナの代表作ネヴァーマインド

ネヴァーマインドネヴァーマインド
カート・コバーン ニルヴァーナ

曲名リスト
1. スメルズ・ライク・ティーン・スピリット
2. イン・ブルーム
3. カム・アズ・ユー・アー
4. ブリード
5. リチウム
6. ポーリー
7. テリトリアル・ピッシングズ
8. ドレイン・ユー
9. ラウンジ・アクト
10. ステイ・アウェイ
11. オン・ア・プレイン
12. サムシング・イン・ザ・ウェイ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


音楽好きなら誰にでも特別なアルバムがある。
そしてその特別なアルバムは、ある世代にとって共通のとてつもない影響力を持った1枚である場合があるがニルヴァーナのネヴァーマインド、このアルバムはまさにそれに当たるだろう。

ロックにとって暗黒の時代の80年代が終わった直後、発表されたこのニルヴァーナ/ネヴァーマインドのインパクトはかなりのものだった。
テクニック至上主義の速弾きギターが主流だった当時のロック界にシンプル極まりないコードで音楽理論を無視する無茶なコード進行の演奏はかなり新鮮な印象を与えた。

日本でも爆発的に人気が出たのは賛否両論のある湿り気のある聴きやすいサウンドプロデュースによる所が多いだろう。
今聴くとやや古臭く聴きやすすぎる印象を受けるがこの音でなけらばここまでは売れなかっただろうし、もしかしたらこのニルヴァーナというバンド自体の存在が日本では知られずに終わった可能性もある。
今となってはネヴァーマインドはこのサウンドで良かったと思いたい。

このネヴァーマインドが全世界で1000万枚以上とあまりに売れたためにバンドの中心人物カート・コバーンが苦悩し皮肉にも不幸な結果になってしまったのが悔やまれる。



Itunes試聴&ダウンロード

Nevermind ニルヴァーナ




↓ニルヴァーナ/スメルズ・ライク・ティーン・スピリット ニルヴァーナ関連CD・DVD

関連記事

スポンサーリンク


3 Comments

nasumayo  

いやーいつ良さがわかるってわかりませんよね。
だからなかなか聴かないCDでも処分できません(^^;

2006/11/23 (Thu) 01:11 | EDIT | REPLY |   

ルドルフ  

TBしました

ルドルフです。最近、ニルヴァーナの良さが何となくわかってきました・・・遅いでしょうか(苦笑)

2006/11/22 (Wed) 21:00 | EDIT | REPLY |   

nasumayo  

はじめまして。
そうですね。かなり90年代をあらわしたアルバムですね。

2006/11/17 (Fri) 22:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  私が間違っておりました - ニルヴァーナ「ネヴァーマインド」
  • ギックリちゃんの方は、だいぶマシになってきました。もうフツーの腰痛といった感じです。いま私ルドルフは、いつもどおりに自分のデスクに座ってPCを操作・・・というかこの記事書いています。今回のはホント軽かったです。でも、発症初日(この前の土曜日)はさすがに....
  • 2006.11.22 (Wed) 20:48 | POP'nBlog

スポンサーリンク