Discジャンキーズ-洋楽おすすめCDレビュー

おすすめの洋楽ロックの70~90年代を中心としたアルバムレビューと似ている曲を紹介するブログ

Scratch/木村カエラ

結構短いインターバルで発売された木村カエラ3枚目のアルバム。
前2作よりもバラエティに富んでロック色はかなり後退した分、かなり売れ線を狙った印象を受ける。

Scratch Scratch
木村カエラ (2007/02/07)
コロムビアミュージックエンタテインメント

この商品の詳細を見る


アルバムの曲調は過去の作品よりバラエティに富んでいて洋楽寄りだった1st、J-POP寄りだった2ndの中間的な印象を受けた。

アーティストにとって3枚目って勝負をかける重要な作品になる事があるが、特別新しい挑戦的な試みはなく無難にまとめました感はある。

しかし全体の曲のクオリティは前作より高く感じる。
前作のような荒い作りは感じられず捨て曲は全くなし。

間違いなくかなりの数の候補曲の中から選りすぐられた13曲なのだろう。
今、木村カエラに曲を提供したいミュージシャンなんて山ほどいるだろうし。

サディスティック・ミカ・バンドに参加した事により高い年齢層の知名度もアップして向かい所敵なし状態だが、これだけ見事なタイミングで見事な作品だとさーて次作が一番難しいぞっと。

↓PV視聴Magic Music 木村カエラ Magic Music


関連記事

スポンサーリンク


2 Comments

nasumayo  

同感です。
やはり1stにはちょっとJ-POPから外れた魅力があったので段々フツーのJ-POPになって来ているので危惧しています。
おそらく次は結構路線を変えてくるのではないかと。

2007/03/11 (Sun) 16:24 | EDIT | REPLY |   

Marley60  

はじめまして

僕的に、3rdよりもやはり1stが良いと思いました。
が、3rdはポップ的な面で見れば良作かと。
3rdの中でもかなりロック、パンク色な「dolphin」と「TREE CLIMBERS」。この2曲あってこそ3rdの良さが際立ちますね。カエラの曲がどんどんポップになっていかないように願っている今日この頃です。

2007/03/11 (Sun) 14:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

スポンサーリンク