Discジャンキーズ-洋楽おすすめCDレビュー

おすすめの洋楽ロックの70~90年代を中心としたアルバムレビューと似ている曲を紹介するブログ

JAMES IHAがSMASHING PUMPKINS再結成への関与を完全に否定

スマッシング・パンプキンズのギタリスト、ジェイムス・イハが話題となっているバンドの再結成に参加しないことを明らかにした。イハは「Rolling Stone」紙の取材に対して「自分はスマッシング・パンプキンズのアルバムやツアーには関わっていないし、ビリー(・コーガン)とはここ何年も話をしていない」と語って、再結成への関与を完全に否定。彼は現在、1998年の『Let It Come Down』以来となるソロ・アルバムの制作や、レーベルの運営といった作業に従事しているとのこと。元ベーシストのダーシー・レッキーに関しては現時点で情報はまったくなく、結局、今回の再結成に参加するオリジナル・メンバーはビリー・コーガンとジミー・チェンバレンの2人だけとなる模様です。



あーそうですか。
一気に興味が失せました。
確かにスマパンはワンマンバンドだけどずっと4人でやってきた訳だしキャラ的にもイハとダーシーがいないのは寂しすぎる。

ヘタに思い入れがあるバンドが再結成って結構やっかいだなだと思う。

そんならビリーのソロ名義でスマパンの曲をやればいいのにと個人的には言いたい。
いずれにせよやはりダーシーが抜けた時点で全くサウンドが変わってしまったのは確かだし再結成しても別のバンドと言う印象は否めない。

流れとしては

ジミードラッグで捕まる→解雇→ドラマーがいなくなりバンドサウンドがガタガタに→ジミー復帰→ダーシーが不満を持って脱退→ダーシーと以前付き合っていて元々ビリーとしっくりいってなかったジェームスが同調→メンバーが完全に分断


こんな感じかな。
それにしても問題を起こしたジミーだけがバンドに残ってるって何とも皮肉な・・・

※追記
2009年3月、ジミーが再び脱退

まあ解散後に知ったファンにとっては素直に嬉しいニュースなんだろうけど。

昔の映像でも観ますか。

↓PV試聴 Tonight, Tonight
関連記事

スポンサーリンク


1 Comments

nasumayo  

あの二人には演奏力はあんまり期待はしてないのですがいるだけで面白いのでいて欲しいなと。

2007/04/29 (Sun) 14:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

スポンサーリンク