Discジャンキーズ-洋楽おすすめCDレビュー

おすすめの洋楽ロックの70~90年代を中心としたアルバムレビューと似ている曲を紹介するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

演歌とお笑いは一発あたるとデカイ

ムーディー勝山(ムーディ勝山?)の右から来たものを左へ受け流すの歌は意味がなく、すっげーくだらなく妙に面白い。

もっと前に紹介しようと思っていたけどあっと言う間に有名になってしまった。

これってどっかで聴いたようなメロディーだけど結構いい曲だと思う。
これだけの曲を自作できるのだからムーディー勝山はかなりの音楽好きだと見た!

そのうち彼が飽きられてTVからおよびがかからなくなってもこの一曲があれば営業で一生食っていけそうなネタ曲だと思う。

↓右から来たものを左へ受け流すの歌を視聴する。
関連記事

スポンサーリンク


- 2 Comments

nasumayo  

Re: タイトルなし

消耗品と言うのは共通していると思いますが確かに音楽では著作権がありますからその違いはありますね。
『一発』って言うのもこの記事の場合、比較的大きな一発の事を指しているんです。

ムーディ勝山やダンディ坂野はいまだに『一発屋』としてたまに全国区のテレビに出演できて生活も出来てますよね?
ギャグ自体は風化してもそのキャラクターは残る。
そういう事を言いたかった訳です。

印税に関しても同様ですね。
この場合、ミリオンヒットのような大きな一発を指しています。






> こんばんわ。
> 確かに演歌は一発当たるとかなり大きいと思います。
>
> ただお笑いに関しては、意義ありです。
> 某有名若手漫才コンビが嘆いていました。
> 「音楽でやっていけるような人は本当に羨ましい。歌謡曲は繰り返し聴かれるようにできていて、しかも年月の経過が、より良い影響を与えることさえあるのに対して、特に漫才やコントのネタは使い捨ての消耗品にかなり近く、何年かあとにも通用することはかなり稀。
>
> 極端に言えば、音楽の場合、ファンに対してなら100回同じ曲をライブでやっても、受け入れられる可能性が高いけど、お笑いの場合そんなことができるわけがない。
>
> 一発ネタも、よほどオールタイムなものにならない限り、(例えばアイーンとかでしょうか)月日が経てば使い物にならない。
>
> 決して、そこに対してこめた創造力や努力や熱量は劣っているとは思わないのに(漫才のネタは一本一ヶ月かかることもザラですしね。誰しもができるもので無いところも似ている。)同じ三分間のエンターテイメントにここまで構造に大きな差があることは、仕方が無いとは言え悲しくなることもある」
> という感じで。
>
>
> この発言に音楽とお笑いの決定的な違いが集約されてるなぁと、感心したのを覚えています。
>
> お笑いで一発で食べていける人がいないとは言い切れませんが、演歌や歌謡曲よりは格段に食べていける人の率は低いと思われます。
>
> あと昔ちょっとこういった世界に足を突っ込んでたので(やる側ではないですよ笑)言っておきたいのですが、旬を過ぎた人達の営業はほんと雀の涙くらいの報酬で、それこそバイトした方がましだよってゆうのがほとんどです。
>
> 印税に関しても、かなりでかい一発を当てた人じゃないと、食べていけるレベルにはならないみたいです。

2010/08/23 (Mon) 18:19 | EDIT | REPLY |   

たく  

こんばんわ。
確かに演歌は一発当たるとかなり大きいと思います。

ただお笑いに関しては、意義ありです。
某有名若手漫才コンビが嘆いていました。
「音楽でやっていけるような人は本当に羨ましい。歌謡曲は繰り返し聴かれるようにできていて、しかも年月の経過が、より良い影響を与えることさえあるのに対して、特に漫才やコントのネタは使い捨ての消耗品にかなり近く、何年かあとにも通用することはかなり稀。

極端に言えば、音楽の場合、ファンに対してなら100回同じ曲をライブでやっても、受け入れられる可能性が高いけど、お笑いの場合そんなことができるわけがない。

一発ネタも、よほどオールタイムなものにならない限り、(例えばアイーンとかでしょうか)月日が経てば使い物にならない。

決して、そこに対してこめた創造力や努力や熱量は劣っているとは思わないのに(漫才のネタは一本一ヶ月かかることもザラですしね。誰しもができるもので無いところも似ている。)同じ三分間のエンターテイメントにここまで構造に大きな差があることは、仕方が無いとは言え悲しくなることもある」
という感じで。


この発言に音楽とお笑いの決定的な違いが集約されてるなぁと、感心したのを覚えています。

お笑いで一発で食べていける人がいないとは言い切れませんが、演歌や歌謡曲よりは格段に食べていける人の率は低いと思われます。

あと昔ちょっとこういった世界に足を突っ込んでたので(やる側ではないですよ笑)言っておきたいのですが、旬を過ぎた人達の営業はほんと雀の涙くらいの報酬で、それこそバイトした方がましだよってゆうのがほとんどです。

印税に関しても、かなりでかい一発を当てた人じゃないと、食べていけるレベルにはならないみたいです。

2010/08/20 (Fri) 01:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

スポンサーリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。