Discジャンキーズ-洋楽おすすめCDレビュー

おすすめの洋楽ロックの70~90年代を中心としたアルバムレビューと似ている曲を紹介するブログ

Kate Bushケイト・ブッシュ/ドリーミング

ケイト・ブッシュの4thアルバム。
嘘か真か当時としては異例の72トラックによるレコーディング、セルフプロデュースによる15ヶ月の製作期間をかけて製作された力作。

ドリーミング(紙ジャケット仕様)ドリーミング(紙ジャケット仕様)
ケイト・ブッシュ

曲名リスト
1. サット・イン・ユア・ラップ
2. 10ポンド紙幣が1枚
3. ピンを引き抜け
4. ガッファにて
5. リーヴ・イット・オープン
6. ドリーミング
7. 夜舞うつばめ
8. オール・ザ・ラヴ
9. フーディニ
10. 狂気の家

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

人によっては天使と小悪魔 の頃のケイト・ブッシュが一番好きという人も結構多いと思うけど、やはりケイト・ブッシュのキャリアを代表するアルバムは、この4枚目のこのドリーミングかなと思う。

デビューからロックとクラシックとアイリッシュ民謡を融合した独自の路線をケイト・ブッシュは歩いていたが、このドリーミング発表によってその孤高の天才の地位は揺るぎない物となった。

ケイト・ブッシュのアルバムはどれもハズレがないが、ドリーミングは他のどのアルバムよりもテンションが高く狂気を感じさせる。
それでいて完成度がおそろしく高いモンスターアルバムだ。

このジャケットのケイト・ブッシュ自身がキーをくわえた写真だけでもアルバムのテンションの高さと狂気と物語性を感じる。
ダウンロードの主流の時代になったらこんなジャケットアートもなくなってしまうんだろうか?

ケイト・ブッシュのヴォーカルは初期の素直なハイトーンボイスは抑え気味で時おりわざわざ崩してシャウトしたりして変化をつけている。

1曲目『サット・イン・ユア・ラップ』が始まったとたんケイト・ブッシュワールドに引き込まれるのは変わりないけど嵐が丘の頃よりももっとドロドロした妖気っぽい執念を感じる。

ケイト・ブッシュは、この『ドリーミング』におそらくすべてのエネルギーをそそぎこみすぎたのだろう。
この作品を発表後にしばらく休養期間(入院?)があったのもなんとなく納得出来る。



iTunes試聴&ダウンロード

Kate Bush - The Dreaming





■アルバムデータ
  • リリース 1982年

  • プロデュース ケイト・ブッシュ

  • チャート英 3位


【おすすめ関連アルバムレビュー記事】


ドリーミング収録曲の動画



ケイト・ブッシュ/The Dreaming

ケイト・ブッシュ関連CD/DVD

Kate Bush - Sat in Your Lap - Official Music Video



The Dreaming


関連記事

スポンサーリンク


0 Comments

Leave a comment

スポンサーリンク