menu

チェンジスボウイ(Chenges Bowie)


スポンサーリンク

90年のサウンド+ヴィジョンツアーの直前に発表されたデヴィッド・ボウイのベスト盤。
CDとしては初のベストでチェンジスボウイのタイトルどおり変貌するボウイの音楽性がよく分かる1枚。

80年代までのヒット曲は網羅しているので意外とボウイ初心者にはおすすめかも。



1. スペイス・オディティ
2. ジョン、アイム・オンリー・ダンシング
3. チェンジス
4. ジギー・スターダスト
5. サフラゲット・シティ
6. ジーン・ジニー
7. ダイアモンドの犬
8. 愛しき反抗
9. ヤング・アメリカン
10. フェイム '90
11. ゴールデン・イヤーズ
12. ヒーローズ
13. アッシェズ・トゥ・アッシェズ
14. ファッション
15. レッツ・ダンス
16. チャイナ・ガール
17. モダン・ラヴ
18. ブルー・ジーン

収録曲はほぼ年代順に並んでおり、90年までの代表曲は大雑把とはいえほぼ収録されている。

90年代以降のボウイは、アルバムのヒットはあってもシングルの大きなヒットはなかったから、代表曲を聴きたいだけならこれで充分かも知れない。

とは言え、あくまでもザックリだからリスナーがこの急激な音楽性の変化の流れについていけるかどうか。

初のCD化でリマスターを担当したのはRAIKO(ライコウ) というメーカーだった。
現在のミックスとも2000年代のミックスとも違うので90年ミックスの曲をまとめて聴きたいファンにも良いかも知れない。

タイトル曲であるチェンジス


奇妙なものに目を向けて変化を恐れるなというテーマのこの曲は、まさにボウイ自身のテーマソングと呼ぶに相応しい。

ジャジーでポップでありながら、大げさで奇妙なイントロと唐突な転調がアクセントになっている名曲。



日本では2006年にサンヨーエネループのCMソングとして起用されていた。



他のアルバムに収録していない唯一の曲


唯一の新録音曲が『フェイム '90( Fame 90)』、この曲は他のベストアルバムにも収録されていないレアな曲となっている。

この曲を収録させたのはボウイの自信のなさの表れではないだろうか。

当時のボウイは、最大の低迷期であり、ティン・マシーンを結成していた時期でもある。

完全にソロ・アーティストとして自信を失っていたように思えたこの時期だからこそ全米NO1ヒットになったこの曲の焼き直しが必要だったとしか思えない。

しかも当時の流行を取り入れたミックスがやたらとダサい。



しかし、90年のツアーでは、この曲はスリリングでカッコ良いアレンジになってブラッシュアップされていた。

このあたり、やはりボウイはライブでより輝くアーティストなんだなと実感できる。



ボウイ本人もコメントしていたとおり、シングルヒットを狙うタイプでなく、アルバムで勝負するタイプのアーティスト。

続けて聴くとどうにも落ち着きがなくとっちらかって聴こえる感は否めない。

ベスト盤だから仕方ないとは言え、やっぱりボウイはベスト盤で聴くタイプのアーティストではないとあらためて感じた。

デヴィッド・ボウイCDアルバムレビュー一覧
関連記事

スポンサーリンク


0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment