Discジャンキーズ-洋楽おすすめCDレビュー

おすすめの洋楽ロックの70~90年代を中心としたアルバムレビューと似ている曲を紹介するブログ

ローリングストーン誌が発表した「熱烈なファンだけが知っているデヴィッド・ボウイのヤバイくらい素晴らしい楽曲 TOP10~1位

米ローリングストーン誌が「熱烈なファンだけが知っているデヴィッド・ボウイのヤバイくらい素晴らしい楽曲 TOP20」を発表した。

前回の続きで今回は10位~1位まで。
なぜか後期の楽曲が多い。

10. "Fantastic Voyage

アルバム、ロジャーに収録。
『ボーイズ・キープ・スウィンギング』がシングルカットになった際にB面としてもリリースされた。



9. Looking for Satellites

アルバム、アースリングに収録。
個人的には、アレンジは面白い部分もあるけど曲といては凡庸だと思う。



8. Teenage Wildlife

アルバム、スケアリー・モンスターズに収録。
聴けば聴くほどギターのアレンジが『ヒーローズ』なんだよなー



7. Like a Rocket Man

アルバム、ザ・ネクスト・デイに収録。

この曲だけ1度も聴いた事がない曲だった。
アルバム全部持ってるはずなのにまだ聴いた事がない曲があったとは!と思ったら隠しトラックなんかあったのか!

こんな良い曲なぜ隠す必要があるのか?



6. Criminal World
アルバム、レッツ・ダンスに収録。

派手なシングル曲に隠れてわからなかったけど、よく聴いてみたらかなり良い曲だったと最近気付いた。
今こそ再評価したい。



5. Thursday's Child
アルバム、アワーズ・・・に収録。

ボウイが初めて過去を振り返ったアルバムのオープニングナンバー。
懐かしさと同時に哀愁を感じる曲。



4. Slip Away

アルバム、ヒーザンに収録。



3. New Killer Star

アルバム、リアリティに収録されたオープニングナンバー。

キャリアを積み重ねたベテランロッカーらしい安定感を感じる。



2. Bring Me the Disco King

アルバム、リアリティに収録。

もともとは曲を作った時点では、ハイテンポのダンスナンバーだったのを思いっきりテンポを落としてみたらかなり良い感じになったらしい。



1. Hallo Spaceboy" (Pet Shop Boys remix)

シングルバージョンはアルバム未収録。

オリジナルのこの曲自体は雑な仕上がりで別に良い曲だとは思わないんだけど、ペットショップ・ボーイズがリミックスしたシングルバージョンは確かにかっこ良い。

曲の途中でニール・テナントが一時的にヴォーカルを取っている。
ボウイの楽曲で他人にヴォーカルを譲っているのは非常に珍しい。



納得出来る曲もあるし、何で?って曲もある選曲と順位だった。
個人的に後で数曲を付け足しをしたいと思う。

デヴィッド・ボウイCDアルバムレビュー一覧
関連記事

スポンサーリンク


0 Comments

Leave a comment

スポンサーリンク