Discジャンキーズ-洋楽おすすめCDレビュー

おすすめの洋楽ロックの70~90年代を中心としたアルバムレビューと似ている曲を紹介するブログ

Mott the Hoopleモット・ザ・フープル/Hoople(ロックンロール黄金時代)

1974年に発表されたモット・ザ・フープルの7thアルバム
良い意味でも悪い意味でもボウイ色が強かった前作、
すべての若き野郎どもから一変して伸び伸びとしたロックンロールを展開。

HoopleHoople
Mott the Hoople

曲名リスト
1. The Golden Age Of Rock 'N' Roll
2. Marionette
3. Alice
4. Crash Street Kidds
5. Born Late '58
6. Trudi's Song
7. Pearl 'N' Roy (England)
8. Through The Looking Glass
9. Roll Away The Stone

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


演奏、作曲の要のギタリストのミック・ラルフスが脱退してしまってもはやこれまでか?って時期に新ギタリストのアリエル・ベンダーが大活躍!

さらにサポートメンバーから正式メンバーになって、今は日本に住んでいて環境音楽を中心に製作しているモーガン・フィッシャーのロックンロールピアノが跳ね回る!

イアン・ハンターのヴィーカルはアルバム全体を通してテンションが高いしアリエル・ベンダーのギターは自由にあばれまわっているし曲の展開もモダンでカッコいい。

多分イアン・ハンターはモット・ザ・フープル結成時からこんなわかりやすくて楽しくてそれでいてユニークなバンドサウンドをやりたかったんじゃないだろうか。

『Pearl 'N' Roy』などはロキシー・ミュージックぽいイントロにTレックスぽいコーラス、転調後のピアノやコーラスはデヴィッドボウイのジギー・スターダスト っぽい。なんだかグラムロックのエエトコ取りみたいな。


どこかこじんまりと収まった『すべての若き野郎ども』に比べて自由奔放で伸びやか、どこか雑で地味すぎたほかのモット・ザ・フープルのアルバムと比べてきらびやかでグラマラス。

この『Hoople(ロックンロール黄金時代)』こそがモットの最高傑作!聴いて見ればわかる!


   ジャンル:グラムロック

モット・ザ・フープル関連記事

↓The Golden Age Of Rock 'N' Rollの動画 Mott The Hoople - The Golden Age Of Rock 'N' Roll

モット・ザ・フープル関連CD/DVD

関連記事

スポンサーリンク


0 Comments

Leave a comment

スポンサーリンク