menu

デヴィッド・ボウイCDアルバムレビュー一覧David Bowie


デヴィッド・ボウイのアルバムはキャリアが長く多作の為にかなりの数になります。
オリジナルアルバムのディスコグラフィーとしてはこれで全てです。(2013年現在)

アルバムごとに内容がかなり異なる為にベストアルバムを聴いても全体像が掴みにくいです。


どれがおすすめと言うのは難しい所ですが、初心者なら『ジギー・スターダスト』、『ハンキー・ドリー』、辺りが聴きやすいと思います。

間違っても80年代後半のアルバムやベルリン時代から聴いてはいけません(笑)



デヴィッド・ボウイの大回顧展〈DAVID BOWIE is〉に行って来た
デヴィッド・ボウイが死去

それぞれの時期に関しては、初心者でも分かりやすくする為に私が勝手に区分けした。

フォークロック期

デビューから初ヒットを飛ばすまでのフォークギターで弾き語りスタイルの時期。
手探りでスーパー・スターを目指していた若き日のボウイ。

グラムロック期


ギタリストであるミック・ロンソンとの出会いから一気にロックバンドスタイルに変化した時期。
ギラギラの衣装にメイクアップをしてステージに上がり、ジギー・スターダスト以降はキャラクターを演じた。



プラスティック・ソウル期


ブラックミュージックに憧れを抱き貪欲に吸収していった時期。
長続きはせずにアメリカから再びヨーロッパに拠点を移していった。


実験音楽期


シンセサイザーを駆使して実験的なサウンドを追及していた時期。
ワールド・ミュージックからの影響も見逃せない。


スーパースター期


それまでの音楽から一変して大衆的で分かりやすい音楽でヒットを目指していた時期。
後半は行き詰まり失速した。


Tin Machine ティン・マシーン期


ソロアーティストとしてのキャリアを封印してバンドメンバーの一員として活動していた時期。



エレクトロ期


ソロ活動復帰後のジャジーでオシャレっぽいエレクトロサウンドが中心の時期。
リハビリの時期とも言えるかも。


インダストリアルロック期




回顧復活期


70年代の自らの音楽に戻ったかのような回顧的なロックアルバムが中心の時期。
声は衰えてきたが、ベテランの味も出てきた。



カムバック期


10年間の活動定期後に突如シーンにカムバックして復活してから2016年に死去するまでの時期。



ライブアルバム




編集盤・再発リマスター盤






ベスト盤




その他




Itunes David Bowie一覧
https://linkmaker.itunes.apple.com/htmlResources/assets/ja_jp//images/web/linkmaker/badge_itunes-lrg.png) no-repeat;width:110px;height:40px;@media only screen{background-image:url(https://linkmaker.itunes.apple.com/htmlResources/assets/ja_jp//images/web/linkmaker/badge_itunes-lrg.svg);}">

関連グッズ






デヴィッド・ボウイ関連書籍・バンドスコア

デヴィッド・ボウイTシャツ

デヴィッド・ボウイ関連SACD

デヴィッド・ボウイ関連DVD

関連記事

8 Comments

There are no comments yet.

nasumayo  

Re: 閉鎖しました

音楽に限らず昔は受け付けなかったものが最近になって結構良いなって気付く事ってありますよね。
それが大人になるって事なのかも知れませんね。

ネット絶ちですか!
そりゃまた思い切った事を。

でもちょっとまるあさんがうらやましい気持ちもあります。
今の自分には無理ですけど。

また気が変わって戻ってきたら連絡くださいね。


2014/11/17 (Mon) 22:15 | EDIT | REPLY |   

まるあ(Heart Shaped WEB)  

閉鎖しました

こんにちは。
最近になって、ボウイのSpace OddityからZiggy Stardustまでの初期4作を好んで聴くようになりました。
何なんでしょうね、ベルベッツと同じパターンで急に聴けるようになるというのは。
ちょっと時間がかかりましたが、脳内熟成とでもいうのかなと。

それで、コメントのタイトルの件ですが、色々と思うところがあってネットから距離を置くアナログ生活に戻ろうかと思いまして、このたびネットの契約を解除することにしました。
スマホも携帯もいまだに所有していないので、完全に自発的なネットからは切り離されます。
続きはWEBで・詳しくはWEBでとか、そういうのばかりの世の中で、ネットに振り回されて下手をすると人生までも狂ってしまう人々が増える中、ネットを利用しない形の生活が無性に恋しくなりました。
契約を終了する手続きを取った後、思わず「これで俺は自由だ」と口について出ました。
恩恵はたくさん受けたはずなのに、不思議なものですね。
それでは、お元気で。さよなら。

2014/11/16 (Sun) 16:36 | EDIT | REPLY |   

nasumayo  

Re: タイトルなし

こんばんは。
同感ですね。

聴きやすさと楽曲のクオリティを考慮するとやっぱりこの2枚になるかなと。

2014/09/23 (Tue) 22:34 | EDIT | REPLY |   

GAOHEWGII  

nasumayo様 こんばんは

自分もボウイ好きですが、まずはその2枚ですよね。
強いて言えばハンキー・ドリーの方がコンセプト作でない分、よりリラックスして楽しめるかもって感じだと思います。

2014/09/23 (Tue) 18:33 | EDIT | REPLY |   

nasumayo  

Re: タイトルなし

やっぱり70年代ですよね。
でもそれ以降も良い曲たくさんあるので聴いてみて下さい。

2013/05/18 (Sat) 18:38 | EDIT | REPLY |   

俊樹  

70年代のデビッドボウィが好きでした^^

2013/05/18 (Sat) 16:49 | EDIT | REPLY |   

nasumayo  

Re: リンク

ありがとうございます。リンク感謝です!

前にも話しましたけどあのカバーは本当に意外でしたよね。
でも音楽性は違ってもカートとボウイは相通じる部分を感じるんですよ。
多分その辺が伝わるリスナーはどっちの音楽も好きなんじゃないかなと。

2012/10/16 (Tue) 09:22 | EDIT | REPLY |   

まるあ  

リンク

実はデヴィッドの楽曲は苦手なんです。
映画「戦場のメリークリスマス」では良い役やってて役者としては好きでした。
唯一「世界を売った男」だけ好きだったんですが、それをまさかニルヴァーナがカバーするとは思っていませんでしたので、番組見て小躍りしました(笑)。

それと、ウチのサイトでニルヴァーナを弾きましょう的な「LET'S PLAY」というコンテンツを始めましたので、以前「初心者のエレキギター選び」にリンクを貼っていただき、そこから毎日3人ぐらいのアクセスもあることから、お礼がてらこちらもそのコンテンツにリンクを貼らせていただきました。
事後報告で申し訳ないです。もしリンクはマズいということでしたら一報ください。

2012/10/15 (Mon) 12:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

スポンサーリンク