Discジャンキーズ-洋楽おすすめCDレビュー

おすすめの洋楽ロックの70~90年代を中心としたアルバムレビューと似ている曲を紹介するブログ

King Crimsonキング・クリムゾン/クリムゾン・キングの宮殿

ただならぬジャケットのただならぬサウンドのこのキング・クリムゾンのアルバムは1969年、ビートルズのアビーロードをチャートの首位から蹴落とした作品として知られる。

クリムゾン・キングの宮殿クリムゾン・キングの宮殿
キング・クリムゾン

曲名リスト
1. 21st Century Schizoid Man/Mirrors
2. I Talk to the Wind
3. Epitaph/March for No Reason/Tomorrow and Tomorrow
4. Moonchild/The Dream/The Illusion
5. Court of the Crimson King/The Return of the Fire Witch/The Dance of the

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


当時としては色々な要因があったのだろうけどこの作品がイギリスチャートの1位になったのはとても意味があった事だと思う。
だってポップさとはおよそ無縁の複雑怪奇な音楽性、メンバーにアイドル性があるとは思えないしそれまでの1位のビートルズとはまるで正反対・・
あっだからこその1位なのか?( ゚д゚)ハッ!

ビートルズがビートルズ以降と語られるようにキング・クリムゾンもこの作品発表以降、何らかの形で影響下にあるバンドがほとんどと言ってよいほどロック界の歴史を変えてしまった感がある。

21世紀の精神異常者のインパクトが強いが1曲ごとのクオリティが高く聴いていると「あ、この曲は誰々の○○って曲に影響を与えている!」と感じる箇所が比較的容易にいくつか見つかってしまう。
このバンドの前座をやっていたロキシーミュージックもデビューは全く違う形になっていたでしょう。

しかしこれだけ聴きやすいとは全く言えない作品が1位になるってデビュー当時のキング・クリムゾンのインパクトがうかがい知れる。

あ、現在の音楽シーンだと当時よりさらにキング・クリムゾンの前衛的が感じるのかもしれないな(´ε`;)ウーン…

【おすすめ関連記事】

ビートルズ、キング・クリムゾン、T・レックスのiPhone4専用のスマートフォンケース


↓視聴キング・クリムゾン21st CENTURY SCHIZOID MAN キングクリムゾン関連CD・DVD

関連記事

スポンサーリンク


2 Comments

nasumayo  

Re: Re: King Crimsonキング・クリムゾン/クリムゾン・キングの宮殿

こんにちは。
クリムゾンはメンバーもコロコロ代わるのに統一感がありますね。
ロバート・フリップの舵取りがそれだけ素晴らしいと言うことなんでしょうね。
このアルバムは全体を通して1曲って感じが好きですね。

2010/04/08 (Thu) 22:20 | EDIT | REPLY |   

雛菊  

Re: King Crimsonキング・クリムゾン/クリムゾン・キングの宮殿

こんにちは。いつも楽しく拝見させていただいています^^
母の影響でプログレにハマったんですが、このアルバム、
捨て曲無しの「まさに名盤」ですよね。

多少クオリティは落ちますが2nd「ポセイドン~」も好きです^^
怖かったアルバムは「太陽と戦慄」(笑
最近よく聴いてしまうのは、ラストアルバムの「RED」です。
ハードロックなのか、アバンギャルドジャズなのか分からない、
おまけにどこかパンクっぽい。
テンションの高さは凄まじいと思いました。

クリムゾンってサウンドはアルバムの度に変化しますが
全アルバム、何か不気味なくらい「統一感」を感じませんか?
ロバート・フィリップって一体、何を考えてんでしょうね^^

すいません、とりとめのない文章になってしまって。
また、カッコいいアルバムの解説、期待しています^^

2010/04/08 (Thu) 18:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

スポンサーリンク