Discジャンキーズ-洋楽おすすめCDレビュー

おすすめの洋楽ロックの70~90年代を中心としたアルバムレビューと似ている曲を紹介するブログ

ロックスター、やはり短命

今年、没後30年を迎えた米ロック歌手エルビス・プレスリーら、北米と欧州で1956~99年に有名になったロックやラップなどのミュージシャン100人の享年や死因を調べたところ、売れてから5年以内の死亡率が、同じ年齢、性別、人種の一般人の約3倍に上ることが分かった。英リバプール・ジョン・ムーアズ大の研究チームが4日、英医学誌の電子版に発表した。
 スターの平均死亡年齢は北米で42歳、欧州で35歳。売れてから3~25年後では、死亡率が1.7倍だった。ロックスターは短命との印象があるが、数字で裏付ける調査は珍しい。死因のトップはがんで20%を占め、心臓など循環器疾患も14%だったが、酒や麻薬類の過剰摂取が19%、事故死が16%、酒や麻薬類の常習による慢性疾患が8%、暴力の犠牲が6%もあった。
 背景には、60~70年代にロックのイメージがセックスやドラッグ、アルコールと結び付いていたり、一部のラップが暴力をあおる内容だったりするほか、常に強いストレスにさらされる環境がある。研究チームは、スターの行動はファンや将来のミュージシャンへの影響が大きく、悪循環に陥っていると指摘。音楽業界が改善に取り組むよう提言している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070904-00000017-jij-int


確かにロックスター=早死にってイメージはあってすぐに思いつくだけでもプレスリー、ジョン・レノン、ジミ・ヘンドリックス、ジム・モリソン、ジャニス・ジョプリン、マーク・ボラン、カート・コバーンなど等かんたんに名前があがる。

>音楽業界が改善に取り組むよう提言している。
ってそりゃ無理でしょう。
ドラッグや自殺だけじゃなく交通事故やファンに殺されたりもあるんだから。

でも世界の音楽ファンが衝撃を受けるロックスターの死ってコート・コバーン以来ほとんどないような。
それもそのはず世界に影響を与えるロックスターがほとんどいないのだから。

いまやメインストリームの音楽じゃないロックの役割はとっくに終わっている。

でもそれは悪い事ばかりじゃない。

ロックスターのカリスマ性や影響力が少なくなったおかげでドラッグに溺れたりファンに殺される可能性が減るんだから。
関連記事

1 Comments

nasumayo  

興味深い映画ですね。
ただなんでも早死にすれば評価が高くなり伝説になるって風潮はもう古い気がします。

ブラインド・メロンのシャノン・フーンですね。
忘れてました。
結構好きだったなぁ。
日本の文化の良い部分のひとつにはドラッグが根づかなかった所かなと思います。

2007/09/08 (Sat) 17:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

スポンサーリンク