Discジャンキーズ-洋楽おすすめCDレビュー

おすすめの洋楽ロックの70~90年代を中心としたアルバムレビューと似ている曲を紹介するブログ

本人じゃないの!? そっくり歌声、CM席巻 iza

えっ? そっくりさんが歌っているの!-。日本のテレビCMに欧米のヒット曲を使う例は珍しくないが最近、高額な楽曲の使用料などを節約するため、そっくりさんに歌わせる例が増えている。もともとは、権利所有者がテレビCMでの楽曲使用を認めないため、困り果てた制作側が編み出した苦肉の策だが、「ものまね文化に寛容ではない欧米に知れ渡ったら、権利所有者から訴えられる恐れがある」と警告する音楽業界関係者も多い。(岡田敏一)

 ハリウッド女優キャメロン・ディアスが登場した今夏のソフトバンクの携帯電話のテレビCMのバックで流れていた豪州の女性歌手オリビア・ニュートンジョンのヒット曲「ザナドゥ」(1980年)。


 実はこれ、歌っていたのは当人ではなく、そっくりさん。一聴しただけでは分からない見事なオリビアぶりだ。

 「楽曲などの権利を持つオリビアらがCMでの使用を拒否した」(業界筋)ため、この楽曲にこだわった制作側が編み出した苦肉の策らしい。歌っている当人がCMに登場するわけではないから声が似ていても“問題”にはならないというわけだ。

 これ以外にもサントリーのチューハイ「アワーズ」のテレビCMに使われた英の電気ポップ・デュオ、バグルスの「ラジオ・スターの悲劇」(79年)や、日産の高級ミニバン「エルグランド」の「ゴールドフィンガー」(64年。映画007/ゴールドフィンガーのテーマ曲。オリジナルはシャーリー・バッシー)、森永製菓の「ウイダーinゼリー」で使われた米ロックバンド、ナックの「マイ・シャローナ」(79年)などは、いずれも“そっくりさんバージョン”だ

iza



なんか何を今さらって感じなんですが・・・

最初にこのCMソングのザナドゥを聴いた時に「何かがちがう!?」と感じたものの、何しろ短い時間で本人ではない証拠がないのと誰が唄っているのか不明だったためにあえて触れなかったが、「もしかしたらテンポを落として再生してるから声がちがうのかも」とか「現在のオリビアさんが再録したのかも?」と思ったりもしていた。

しかしかなりたくさんオンエアされたので「これは別人だ」と確信できるようになったがなぜオリジナルを使わないんだと疑問が残った。
その理由がオリビア側の拒否のタメだったとは。
もしかしてELOと使用料が2重に発生して高額だったとか?

そっくりさんはオリビア・ニュートン・ジョンに比べて声のトーンが低く高音部がやや割れている。
しかし、そっくりさんのザナドゥはオリジナルのオリビアバージョンには当然ながら及ばないものの良く似せていると思う。

先日のキンクスにしてもそうだし、これだけの大物になると楽曲の使用料金はかなり高いのだろう。
すでに富と名声を得ているミュージシャンには値切る事もできないので安価なそっくりさんを使っちゃおうというのは感心はできないが洋楽の名曲に再び注目が集まるのは洋楽ファンとしてはうれしくもある。

【おすすめ関連レビュー記事】

↓放送されたCMと本物を聴き比べ試聴 そっくりさんバージョン

オリビアのオリジナル
関連記事

スポンサーリンク


1 Comments

nasumayo  

キンクスはあまり詳しくないので気づいたのはルドルフさん情報でした。

やっぱり一応お断りってゆうかクレジットは入れた方がいいですよね。

2007/11/04 (Sun) 22:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

スポンサーリンク