Discジャンキーズ-洋楽おすすめCDレビュー

おすすめの洋楽ロックの70~90年代を中心としたアルバムレビューと似ている曲を紹介するブログ

CDの帯について

日本のCDにはたいがい左側に付いていると呼ばれるモノをCDを買い始めた頃は全く必要性を感じなくて躊躇なく捨てていた。

ところがある日バイト先の仲間同士でCDの貸し借りをしている場面に遭遇して一気に価値観が変わったのだった。

返ってきたCDには帯がケースにはさまっていた。
それを見ていつも帯を捨ててる私は「あれ?そんなモノ取っておくの?」と思わず訊いた。

「とっておくよ。これもCDの一部だから」

そして借りた側のヤツも
「いや俺も取っておくけど?」

って言われてガ━━(;゚Д゚)━━ン!!と衝撃を受けた。

その日から私のCDの帯の価値観は変わったのだ。

帯は大事に取っておき、保管にも気を使った。
輸入盤を持っているのに帯とライナーを読みたいがために高い日本盤のCDを買ったりもした。

帯の保存の仕方も人によって微妙に違うようだ。

  • プラケースの裏を開けてそこに保存する人
  • ジャケットに挟んで保存する人

  • プラケースのツメ部分に引っ掛けて保存する人

などなど。

中古CD専門店に売りに行く場合でも帯があるとないとでも査定価格が違ったりするし、ネットオークションでは帯だけ売ってる人もいたりする。

CDの帯というのは輸入盤にはない日本独自のモノだがこれはもはや文化かも知れない。
関連記事

0 Comments

Leave a comment

スポンサーリンク