Discジャンキーズ-洋楽おすすめCDレビュー

おすすめの洋楽ロックの70~90年代を中心としたアルバムレビューと似ている曲を紹介するブログ

Maria Solheim/マリア・ソルヘイム

マリア・ソルヘイムはノルウェーの当時21歳の女性シンガーソングライターで本作は日本デビュー盤。

マリア・ソルヘイムマリア・ソルヘイム
マリア・ソルヘイム

曲名リスト
1. two minutes and ten hours
2. kingdom
3. hiding place
4. It’s not a matter of
5. beauty queen
6. train under water
7. the man who left his past
8. richard
9. you want to buy it instead
10. behind closed doors
11. late at night
12. lady of my life
13. i once heard a boy
14. before she goes to bed

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

90年代後半に流行ったような北欧ポップスのお洒落で軽く聴きやすいサウンドを期待するとまったく肩透かしをくらうギター、ベース、ドラム、ピアノのみの超シンプルな楽器編成で奇をてらった部分は一切ない。

ノルウェーって言ってもサーモン以外あんまりパッと頭に浮かばないくらいあんまりイメージがないが、マリア・ソルヘイム はそのノルウェー国内ではすでにかなりのスターらしい。

全体を通して硬質なサウンド作りは好き嫌いがわかれるかもしれないが、マリア・ソルヘイムの甘い声質とバンドの手作り感が伝わってきて聴き疲れはしなかった。

マリア・ソルヘイムの音楽は1回聴いただけではすり抜けてしまうかもしれない、何回か聴き続けて味がジワジワ伝わってくる。
地味でシンプルで芯がしっかりしている、本当の北欧ってこんな感じなのかなと勝手に想像した。

  • リリース 2003年
  • プロデュース bengt




Maria Solheim




↓マリア・ソルヘイム /Richardを視聴する。 マリア・ソルヘイム関連CD

関連記事

スポンサーリンク


0 Comments

Leave a comment

スポンサーリンク