Discジャンキーズ-洋楽おすすめCDレビュー

おすすめの洋楽ロックの70~90年代を中心としたアルバムレビューと似ている曲を紹介するブログ

Travisトラヴィス/ザ・マン・フー-レビュー

トラヴィスの2ndアルバム。
いかにも英国的な内向的で繊細なギターサウンドが特徴的。
トラヴィスのメンバーの演奏は極めてシンプルなために最初の印象はやや物足りなさをを感じたがアレンジはよく練られていて完成度は高い。

ザ・マン・フーザ・マン・フー
トラヴィス

曲名リスト
1. ライティング・トゥ・リーチ・ユー
2. ザ・フィアー
3. アズ・ユー・アー
4. ドリフトウッド
5. ザ・ラスト・ラフ・オブ・ザ・ラフター
6. ターン
7. ホワイ・ダズ・イット・オールウェイズ・レイン・オン・ミー
8. ラヴ
9. シーズ・ソー・ストレンジ
10. スライド・ショウ
11. ビー・マイ・ベイビー
12. ライティング・トゥ・リーチ・ユー(ザ・デッドリー・アヴェンジャーズ・バヨウ・ブルース・ミックス)
13. ライティング・トゥ・リーチ・ユー(ザ・デッドリー・アヴェンジャー・インストゥルメンタル・リミックス)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


トラヴィスはちょうどブリッドポップの時期にデビューしてしまったため目立たなかったのはやや不運だったかも。
そのブームは去ってほとんどのバンドが解散し後に残らない曲は忘れ去られたがこのトラヴィスのザ・マン・フーの時にはむなしさやせつなさを痛みを感じるような楽曲はいまだに生きている。

0 Comments

Leave a comment

スポンサーリンク