Discジャンキーズ-洋楽おすすめCDレビュー

おすすめの洋楽ロックの70~90年代を中心としたアルバムレビューと似ている曲を紹介するブログ

audio-technicaポータブルヘッドホン ATH-SQ5 WHの感想

オーディオテクニカのATH-SQ5 WHは軽量、コンパクトなポータブルヘッドホン。
通常のヘッドホンとはちょっとちがう目を引くデザイン、音漏れ防止構造にくわえ宇多田ヒカルの『HEART STATION』のPVで使われたりと注目のヘッドホン。

audio-technica ポータブルヘッドホン ATH-SQ5 WHaudio-technica ポータブルヘッドホン ATH-SQ5 WH

オーディオテクニカ 2007-11-22
売り上げランキング : 570
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今まで愛用していたATH-AD500の他にもうひとつサブのヘッドホンが欲しいと思ってAmazonで物色していたらATH-SQ5 WHの個性的なデザインが目を目をひいた。

ユーザーレビューの評価も良くて宇多田ヒカルもPVで使っているのか~
でもこれポータブル・オーディオ用だし、普段部屋で聴くにはどうしよっかなと思いつつ「ま、いっか」と買ってしまった。

届いて箱を開けてATH-SQ5 WHを実際に手にとっった印象は「すんごい軽い!でもなんかちゃちいかも?」

早速ipodにつなぎ聴いてみる。
以下、独断と偏見。

■サウンド

オーディオ・テクニカらしく高音に重点をおいてあるサウンドでヴォーカルがすごくクリアで近くに聴こえる。
音の分離がハッキリしていて立体感がある。

やはり思ったとおり低音がだいぶ迫力不足、古い音源だとかなり中音でも音やせしてしまう。
ストリングスが妙に安っぽい音になる。

CDでも使ってみたけど高音以外は迫力不足でやっぱりちょっときびしいものがあった。

■向いているジャンル

MP3で聴くことを前提に作られているのでデジタルモノは得意、アナログモノは不得意といった印象を受けた。
色いろ試しに聴いてみたので参考までに。

○90年代以降のポップス、テクノ、デジタルサウンド
△ジャズヴォーカル、90年代以降のロック
×クラシック、70年代以前のロック

■外観

おそらくipodとの調和を考えた白いカラー、近未来っぽいデザインはちょっとおしゃれっぽい。
街中でも違和感なく使えそう。

■使用感

AD-500もそうだったけどATH-SQ5 WHも耳にすごくフィットしてジャマにならないし長時間使用しても聴き疲れしない。
気になる音漏れも密閉タイプなのでだいぶ少ない。でも電車で隣で使ってたらやっぱりうるさいだろーなー

■まとめ

結構気に入ったのでipodと一緒に外で使ったり、MTRのモニター用として使いたい。
ただやっぱりCDを聴いての音質は同じオーディオテクニカのAD-500と比較しても明らかに見劣りするので家で使うメインのヘッドホンとして使うのはきびしい。
やはりATH-SQ5 WHはポータブルオーディオ用として割り切って使う方がよさそう。

■型式:密閉ダイナミック型■ドライバー:φ40mm、CCAWボイスコイル■インピーダンス:40Ω■出力音圧レベル:102.5dB/mW(JEITA)■最大入力:800mW■再生周波数帯域:10~25000Hz■コード:0.5m(Y型)■プラグ:φ3.5金メッキステレオミニプラグ■質量(コード除く):約170g■付属品: 延長コード 1.0m(L型ミニプラグ) / 



》ATH-SQ5 WHをYahoo!で探す

》ATH-SQ5 WHを楽天で探す

↓PV視聴 宇多田ヒカルHeart Station (英語版  ATH-SQ5 WH使用) audio-technica ポータブルヘッドホン ATH-SQ5 WH
関連記事

スポンサーリンク


0 Comments

Leave a comment

スポンサーリンク