Discジャンキーズ-洋楽おすすめCDレビュー

おすすめの洋楽ロックの70~90年代を中心としたアルバムレビューと似ている曲を紹介するブログ

Vanessa Paradis ヴァネッサ・パラディ/ヴァリアシオン

アイドル的なフレンチポップスから一転して退廃的なロック路線のヴァネッサ・パラディの2ndアルバム。
たった2年でここまで変わる?少女に何が起こったか?

セルジュ・ゲンズブールが全12曲中、11曲を作詞する熱の入れ様。

Variations Sur Le Meme T AimeVariations Sur Le Meme T Aime
Vanessa Paradis

曲名リスト
1. L'Amour A Deux
2. Dis Lui Toi Que Je T'Aime
3. L'Amour En Soi
4. La Vague A Lames
5. Ophelie
6. Flagrant Delire
7. Tandem
8. Au Charme Non Plus
9. Variations Sur Le Meme T'aime
10. Amour Jamais
11. Ardoise
12. Walk On The Wild Side

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


まず何が違うってマリリン&ジョンの頃は子供の声だったのが、ヴァリアシオンではトーンがぐっと低くなり、当時17歳にしては色っぽ過ぎるくらいに表現力が増した。

全体的に気だるく退廃的なムードが漂っていて、それがヴァネッサ・パラディの甘ったるい声と妙にマッチしている。

驚いたのはルー・リードの『ワイルドサイドを歩け』をカバーした事。
どう考えても10代のアイドルが歌わされている選曲ではない。
そしてこれが見事にハマっている。

アレンジはほぼ原曲どおりなんだけど、ヴァネッサ・パラディが歌うとアンニュイでキュート。

これはもうフレンチ・ポップと言うよりもフレンチ・ロック!

あの人形のようなアイドルがこんなにいい味のアルバムを出しちゃうとは!

【おすすめ関連アルバムレビュー】

Vanessa Paradis ヴァネッサ・パラディ/マリリン&ジョン
Vanessa Paradisヴァネッサ・パラディ/ビー・マイ・ベイビー


▼ヴァネッサ・パラディ/ワイルドサイドを歩けの動画

Vanessa Paradis/Walk On The Wild Side



関連記事

スポンサーリンク


2 Comments

nasumayo  

Re: タイトルなし

情報ありがとうございます。
早速聴かせてもらっています。

デビュー25周年になるのですね。
早いなぁ。

2013/01/04 (Fri) 10:36 | EDIT | REPLY |   

あ  

あけましておめでとうございます
鈴木祥子検索で来ました

Candy Apple Redを取り上げてたのを
拝見しました
そちらに紹介したいことがあります

現在鈴木祥子サンのネットラジオが
期間限定公開中です
最近の活動についてや
(先月はクリスマスアルバムを発売しました。即完売)
即興弾き語りで送る
音楽家丸出しの50分なんです
ぜひぜひ早めに聞いてほしいです
http://bearforestrecords.com/radio/index.html

今年の祥子サンデビュー25周年
共に盛り上げましょう!

2013/01/04 (Fri) 01:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

スポンサーリンク