Discジャンキーズ-洋楽おすすめCDレビュー

おすすめの洋楽ロックの70~90年代を中心としたアルバムレビューと似ている曲を紹介するブログ

audio-technicaヘッドフォンath-ad500ユーザーレビュー

オーディオテクニカのath-ad500は3D方式ウィングサポートにより聴き疲れしない装着感と音の広がりを感じる中音域中心のオールマイティな高音質が特徴のオープンエア型ヘッドホン。

これはマジおすすめ!もう10年以上使ってるけどたいして劣化しないし音のバランスもいい。

B0002ERHOQaudio-technica エアーダイナミックヘッドフォン [ATH-AD500]
オーディオテクニカ 2003-10-21

by G-Tools


まず言っておきたいのはath-ad500はオープンエア型ヘッドフォンなので音が外へダダもれしまくりだ。

使い始めた当初は結構気になったけどその辺は好みと慣れの問題なのだと思う。

■サウンド


特徴はやはりオーディオテクニカらしい中高音域のクリアさ立体感のある広がりとバランスの良さ。
これならほとんどどんなジャンルでも対応できる。
ただ低音域が不足しているのでハードロックやクラブサウンドの低音バリバリが好きな人にはちょっと物足りたく感じるかも知れない。

■使用感


売りのウィングサポート(上についているサポーター部分)のおかげかまったくと言っていいほど聴き疲れはしない。
今まで1万円以下の安物のヘッドフォンしか買ってないけど間違いなく装着感、使い勝手はトップ。
ただこのウィングサポート、結構取れやすくて何度か付け直すハメになるのが不満点。

それ以外はイヤーパッドも含め10年使用してもあまり劣化せずかなり丁寧なつくりだと思う。

聴き疲れのしない抜群のフィット感は好きなCDの耳コピーをするのにすごく向いていてかなり重宝している。

■ath-ad500まとめ


ウィングサポートの取れやすささえ目をつむればこの価格帯ではath-ad500以上のヘッドフォンはないのではと思うほど気に入っている。
コストパフォーマンスは非常に高いと感じる。

5000円くらいの中途半端な価格帯のヘッドフォンを買うならぜひもうちょっとがんばって1万円以下で買えるath-ad500をおすすめしたい。


audio-technica エアーダイナミックヘッドフォン [ATH-AD500]

》ath-ad500をYahoo!で探す
》ath-ad500を楽天で探す

# 型式 : オープンエアーダイナミック型
# ドライバー : φ53mm、ネオジウムマグネット CCAWボイスコイル
# 周波数特性 : 10 ~30,000Hz
# 最大入力 : 500mW
# インピーダンス : 66Ω
# 出力音圧レベル : 99dB/mW(JEITA)
# プラグ : 標準/ミニ金メッキステレオ2ウェイ
# コード(素材/長) : OFC/3.0m(片出し)
# 重量 : 260g(コード除く)



【おすすめ関連レビュー記事】

AKG K701ユーザーレビュー
audio-technica ポータブルヘッドホン ATH-SQ5 WH-ユーザーレビュー


【外部記事】
AKG K701 おすすめ高級ヘッドホン
最高級ヘッドホンAKG K701の使い心地とレビュー
関連記事

スポンサーリンク


0 Comments

Leave a comment

スポンサーリンク