Discジャンキーズ-洋楽おすすめCDレビュー

おすすめの洋楽ロックの70~90年代を中心としたアルバムレビューと似ている曲を紹介するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bjorkビョーク/メダラ

存在自体が異色と言えるビョークの作品の中でも異色アルバム。
リズムの打ち込み以外は楽器を一切排除してビョークの一番の持ち味である声にとことんこだわったセルフ・プロデュース作品。

メダラメダラ
ビョーク

曲名リスト
1. Pleasure Is All Mine
2. Show Me Forgiveness
3. Where Is The Line
4. Vokuro
5. Oll Birtan
6. Who Is It
7. Submarine
8. Desired Constellation
9. Oceania
10. Sonets / Unrealities XL
11. Piano II
12. Mouths Cradle
13. Wednesday
14. Triumph Of A Heart

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


まずメダラは決してポップとは言えないし、騒がしい電車の中でMP3の圧縮された音で聴くのには向いていないしポップチャートの上位に上がるような曲はひとつもないように思える。
だからそれらを期待したら見事に裏切られる。

でも1stの直後ならともかく、いまさらビョークにキャッチーなポップさを求めているリスナーなんてどれ位いるのだろうか?

ここにあるのはビョークの声、アイスランドの冷たい空気感、孤高のアーティストの無駄をすべてそぎ落とした真の姿なのかもしれない。

客観的に聴くとメダラはアレンジもシンプルだし、ポップさからは程遠い退屈なアルバムかも知れない。
だけど主観的にはまったく聴いていて退屈はしない。
そこにはビョークの声があるのだから。



ビョーク/メダラを試聴&ダウンロード

Bjork, The Icelandic Choir & The London Choir - Medulla





【おすすめ関連レビュー記事】

Bjorkビョーク /ヨーガ / バチェラレット・ベスト・リミクシーズ

Bjorkビョーク/メダラ

Bjorkビョーク/ヴォルタ


↓視聴ビョーク//Who Is It Bjork /Who Is It

ビョーク関連CD/DVD

関連記事

スポンサーリンク


- 0 Comments

Leave a comment

スポンサーリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。