Discジャンキーズ-洋楽おすすめCDレビュー

おすすめの洋楽ロックの70~90年代を中心としたアルバムレビューと似ている曲を紹介するブログ

Bernard Butlerバーナード・バトラー/フレンズ・アンド・ラヴァーズ

スウェードを脱退してからマッカルモント&バトラーを挟んで発表されたバーナード・バトラーのソロ名義2作目。
演奏はバンドサウンドが中心となり、ヴォーカリストとしても大きく成長を感じる。

フレンズ・アンド・ラヴァーズフレンズ・アンド・ラヴァーズ
バーナード・バトラー

曲名リスト
1. フレンズ・アンド・ラヴァーズ
2. アイド・ドゥ・イット・アゲイン・イフ・アイ・クッド
3. コクーン
4. スマイル
5. ユー・マスト・ゴー・オン
6. ノー・イージー・ウェイ・アウト
7. エヴリワン・アイ・ノウ・イズ・フォーリング・アパート
8. ワット・ハップンド・トゥ・ミー
9. レッツ・ゴー・アウェイ
10. プレシャス
11. ハズ・ユア・マインド・ガット・アウェイ?
12. ユール・フィール・イット・ウェン・ユーアー・マイン
13. 70・マイルス ※〈CDテキスト〉

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


バーナード・バトラーのソロ1作目はほとんど一人で仕上げた瑞々しいアコースティックなアルバムだったのに対してフレンズ・アンド・ラヴァーズは短期間で一発録り中心のロックアルバムとなっている。

それでも粗暴な感じはまったく感じさせないのがこの人のキャラクターによるところ。

いやータイトル曲のフレンズ・アンド・ラヴァーズがいい!
アコギのイントロに始まりヘビーなギターリフで盛り上げて変化のついた曲展開の後のギターソロ。
なんだかこれってスウェードのアルバムに収録されててもおかしくないような曲だけどバーナード・バトラーのソロになるとそれほどへヴィーでもダークでもない。

やや難のあったヴォーカルもブレッドのような強烈なクセがない分すんなり入ってくる。
伸びやかでしなやかな声はマッカルモント&バトラーでの経験が決して無駄ではなかったことを証明している。

予備知識がない人がフレンズ・アンド・ラヴァーズを聴いてギタリストのソロアルバムだと思う人はまずいないんじゃないかな。

このアルバムによってバーナード・バトラーは真のソロアーティストになる事ができたんじゃないかなと思う。

【ジャンル】90年代UKロック

おすすめ関連レビュー記事】

↓視聴バーナード・バトラー/フレンズ・アンド・ラヴァーズ バーナード・バトラー関連CD

BERNARD BUTLER BAND LIVE ON VIDEOTECH 'FRIENDS AND LOVERS'

関連記事

スポンサーリンク


2 Comments

nasumayo  

Re: Re: Bernard Butlerバーナード・バトラー/フレンズ・アンド・ラヴァーズ

こんばんは。
おお!購入されたのですね。
気に入られて何よりです。
ブレッドのソロ作品は私も聴いてないのですが聴ける機会が来るまでちょっと楽しみです。

2010/04/26 (Mon) 22:40 | EDIT | REPLY |   

雛菊  

Re: Bernard Butlerバーナード・バトラー/フレンズ・アンド・ラヴァーズ

またまた、お邪魔いたします^^
このレヴューを参考にさせていただき、先日「フレンズ~」を購入しました。
正直、スウェードのメンバーのソロ作品にはあまり興味が無かったのですが
「食わず嫌い」だった、自分を今は恥じています(汗
このアルバム、しなやかで、伸びやかで、カッコいいロックアルバムですねー!
バトラーのボーカルも、思っていた以上にセクシーでびっくりしました。
UKアーティストのアルバムとは思えないくらい「晴れ渡った解放感」のような
雰囲気がありますね。ブレッドのソロ作品も聴いてみようかな・・・。
素敵な作品を紹介して下さってありがとうございました!

2010/04/25 (Sun) 20:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

スポンサーリンク