Discジャンキーズ-洋楽おすすめCDレビュー

おすすめの洋楽ロックの70~90年代を中心としたアルバムレビューと似ている曲を紹介するブログ

ビートルズのリマスター盤が発売!でもちょっと高くね?

ザ・ビートルズのオリジナルアルバム14タイトルが昨日2009年9月9日に発売された。
例によって初回生産限定盤でCDエキストラ仕様でボーナス映像が付いて、アートワークはオリジナルを忠実に再現。

この話題は一般のテレビのニュースでも報じていてあらためてその存在の大きさを感じた。


ザ・ビートルズ・ボックス
ザ・ビートルズ
B002FVPL9M



でも引っかかる点がいくつかある。

●CD発売以来初のリマスター

なんと今回が87年のビートルズのCD以来、初のリマスターらしい。
同時期のバンドはすでに2.3回くらいリマスターしているのが普通なのに20年以上もリマスターなしってのはいくらなんでも不自然。
なんか理由があるんだろうか?
偉大過ぎて誰も手をつけられなかったとか?
詳しい人がいたら教えてください。


●特権的に高い価格

前から思ってたけどビートルズの日本盤CDってやたら高いと思う。
確かに発売が1987年だったらまだ日本盤が高くても許される時期(バブル)でそのまま廃盤にならずに売れているからって理由なんだろうけど。
それにしてもしかし・・・

今回のリマスターでのCD1枚の価格が2600円(Amazonなら10%OFFだけど)。
現在のCD価格としては微妙に結構高めだ。
まあビートルズのコアなファンって団塊の世代あたりなんでその年齢層なら気にならない価格なんだろうけどちょっと露骨にターゲット絞りすぎっていう感じがする。
この価格だと新しく若い人がちょっとビートルズ聴いてみようかなって感じでは買いづらいんじゃないだろうか。
それ以前に売る側に新しいファンを開拓しようって気がしないのがちょっとなぁ。


まあ何だかんだ言ったけども試しにリボルバーを買ってみようかなと思ってます。
どれだけ音が良くなったかやっぱり聴きたいので。
高いと思っても買いたくなるビートルズってやっぱり偉大だー!

ビートルズのリマスターCD一覧

↓視聴ビートルズ来日公演

関連記事

スポンサーリンク


0 Comments

Leave a comment

スポンサーリンク