Discジャンキーズ-洋楽おすすめCDレビュー

おすすめの洋楽ロックの70~90年代を中心としたアルバムレビューと似ている曲を紹介するブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輸入盤CDが円高でえらく安くなっている!

先日、ビーバップデラックスの輸入盤のCDを買おうとamazonで調べていたらあまりに安いので「あ、これはシングルだな 」と思ったけどそれはまぎれもなくアルバムだった。

その価格なんと690円だった。




うっそだろー!と思って見直したけどやっぱり新品で690円だった。
たしかに輸入盤の価格ってどんどん下がってきている気がする。
15年前くらい前、インターネットが普及する前までは普通のCDショップが輸入して好き勝手な値段を付けていたような気がする。

だから日本盤(だいたい2500円程度)よりも高い輸入盤なんていっぱいあった。

それでもファンは欲しいから買っていたのだヽ(`Д´)ノプンプン

それがインターネットの普及で価格が比較できるようになって全体的に安くなってきた。


そして07年からのサブプライムローン問題をきっかけにした円高でさらに安くなっている。
あとダウンロード購入に対抗して安くしているってのもあると思う。

ビーバップデラックスだけじゃなくちょっと調べたら過去の名盤とかの輸入盤はほとんどは600円台から800円台が中心になっていた。

今や輸入盤ならCD1枚が1000円以下の時代になっていた。

輸入盤を買うチャーンス!

でもそれだけ安くても今はCDって本当に売れないみたい。。。
洋楽の輸入盤なんて特に売れないんだろうな。
ダウンロードで購入するよりずっと安いのに。

チャンスなのにちょっと余裕がありませぬ。
ああ・・平成大不況(´Д⊂ヽ


【ALL846円】輸入盤セール Amazon.co.jp


【おすすめ関連記事】

ビートルズのリマスター盤が発売!でもちょっと高くね?

CDショップにはもう買いたいCDが置いていない

音楽コラム一覧
関連記事

スポンサーリンク


- 0 Comments

Leave a comment

スポンサーリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。