Discジャンキーズ-洋楽おすすめCDレビュー

おすすめの洋楽ロックの70~90年代を中心としたアルバムレビューと似ている曲を紹介するブログ

ブライアン・イーノ/アナザー・グリーン・ワールド2004リマスター盤

ブライアン・イーノのアルバムの中でも名盤の誉れ高い代表作の2004年のリマスター盤。
90年代に購入したCDとの音質の違いが気になって再購入。
さてデジタルリマスターの効果は?

アナザー・グリーン・ワールドアナザー・グリーン・ワールド
ブライアン・イーノ

曲名リスト
1. スカイ・ソー
2. オーヴァー・ファイアー・アイランド
3. セント・エルモス・ファイアー
4. イン・ダーク・トゥリーズ
5. ザ・ビッグ・シップ
6. アイル・カム・ランニング
7. アナザー・グリーン・ワールド
8. サムバー・レプティルズ
9. リトル・フィッシュズ
10. ゴールデン・アワーズ
11. ビカームド
12. サビヌル/ラーヴァ
13. エヴリシング・マージズ・ウィズ・ザ・ナイト
14. スピリッツ・ドリフティング

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


このアナザー・グリーン・ワールドは90年代中ごろに購入して以来ずっと愛聴盤だった。
もうとっくの昔にこのブログでもレビューしてるし。

Brian Enoブライアン・イーノ/アナザー・グリーン・ワールド

やっぱりリマスターって言葉を聴くとどんな感じかなーと思ってまた買ってしまうのがファン心理と言うもの。
元々シンセサイザーが主体のデジタルなサウンドなのでリマスターすると結構いい感じになるかも!?期待もあった。

最近の紙ジャケのバカ高いリマスターには興味がないけど今回のは期間限定でプラケース入りの1500円だったのでよし買った!みたいな感じで。

ワクワクしながら再生してみると1曲目はあんまり違いがわからない。
でもこんな事はよくある。

あれ?2曲目も違いがわからない。
そして最後まで聴いてどこが良くなったのかはわからなかった。

ロキシーミュージック一派のCDはあの時代としては初めからかなり音質はいいほうだと思う。
だから元々聴いても音のしょぼさや古さは感じなかった。

でもリマスターしたらちょっとは音が良くなっていると期待するでしょーが!

実際に90年代のCDと1曲目のスカイ・ソーを聴き比べてみたけどドラムの音がやや補正されたかな?位でほとんど分からない程度。

どっちかと言うと音が硬いリマスター盤よりアナログ的なやわらかなサウンドが残っている90年代盤の方が好みだった。

このアナザー・グリーン・ワールドは確かにシンセサイザーが中心なんだけど各楽器パートはそれぞれ人間のプレイヤー(ドラムはフィル・コリンズ!)が演奏しているので変にデジタル化しすぎると人間味がなくなるし第一聴き疲れしてしまうのだ。

そんな訳でこれからも今まで聴いてきたリマスターする前のCDを聴くことにしたのだった。

だからと言ってこのアナザー・グリーン・ワールドの素晴らしさが損なわれる訳じゃないけど本当に仕事してるの?って感じ。

確かに安いので最初にイーノのCDを聴いてみる人にはオススメするけどすでに同じアルバムを持っている人にとってはコレクター以外は必要なしと言っていいと思う。

【おすすめ関連レビュー記事】
Brian Enoブライアン・イーノ/アナザー・グリーン・ワールド

↓ブライアン・イーノ/ビカームドを視聴する。 Becalmed - Brian Eno

ブライアン・イーノ関連CD・DVD

関連記事

スポンサーリンク


0 Comments

Leave a comment

スポンサーリンク