Discジャンキーズ-洋楽おすすめCDレビュー

おすすめの洋楽ロックの70~90年代を中心としたアルバムレビューと似ている曲を紹介するブログ

サディスティック・ミカ・バンド/ライヴ・イン・ロンドン

サディスティック・ミカ・バンドのライヴ・アルバム。ロキシー・ミュージックの前座として1975年10月2~24日までの全英16公演から17、18日のロンドン公演の模様を収録。

なぜか代表曲の『タイムマシンにおねがい』は収録されていない。

サディスティック・ミカ・バンド ライヴ・イン・ロンドンサディスティック・ミカ・バンド ライヴ・イン・ロンドン
サディスティック・ミカ・バンド

曲名リスト
1. どんたく
2. WA-KAH!CHICO (インストゥルメンタル)
3. ヘーイ ごきげんはいかが
4. 颱風歌
5. ミラージュ (インストゥルメンタル)
6. 快傑シルバー・チャイルド
7. 墨絵の国へ
8. 何かが海をやってくる (インストゥルメンタル)
9. 黒船 (インストゥルメンタル)
10. 塀までひとっとび

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


時は1975年、木村カエラなんて影も形もない頃ですよ。

録音時期が古いためにえらく音が悪いが、ライブの臨場感は充分に伝わってくる。
ただ観客の拍手はどう聴いても不自然で後で足した音っぽい。

音楽的に全てがうまく行っているとは言えないが、とりあえず演奏はロキシー・ミュージックよりも間違いなく上手い。


『颱風歌』では当時のロキシーミュージックがやりたいても出来ない演奏をやっていたような印象を受ける。

それからインストの『何かが海をやってくる』はどう考えてもロキシーミュージックのメンバー、フィル・マンザネラのソロ作に影響を与えていると思える。

よく洋楽を例に出してあのノリは日本人には無理とか言われたりするし、実際にそうだと感じる事も多いけど、逆にこのノリってのは日本人じゃなきゃ出せないとも思う。

▼サディスティック・ミカ・バンド/塀までひとっとび動画


塀までひとっとび

サディスティック・ミカ・バンド関連CD/DVD/MP3ダウンロード

関連記事

スポンサーリンク


0 Comments

Leave a comment

スポンサーリンク