Discジャンキーズ-洋楽おすすめCDレビュー

おすすめの洋楽ロックの70~90年代を中心としたアルバムレビューと似ている曲を紹介するブログ

デビッド・ボウイが10年ぶりの新曲 アルバムも発売へ

(CNN) 英人気歌手デビッド・ボウイが8日、自身の66歳の誕生日に合わせて10年ぶりの新曲「Where Are We Now?」を発表した。3月にはアルバムも発売する。

新曲はボウイ自身が作った。プロデューサーはトニー・ビスコンティ氏。米アップルの音楽配信サイト「iTune(アイチューンズ)」を通して世界119カ国に配信されている。同時に新たなウェブサイトと、トニー・アウスラー監督のミュージック・ビデオも公開した。

アルバムの発売は2003年の「リアリティ」以来で、これが30枚目となる。

ボウイは97年、芸能界で初めて著作権による利益を担保にした債券「ボウイ債」を発行するなど、実業家としての手腕でも知られる。近年は表舞台に姿を見せず、「引退したのか」「体調不良か」といった憶測も飛び交っていた。新曲を発表した理由について、ウェブサイトは「売りたい物があるからではなく、言いたいことがある」からだと説明している。



アルバムのタイトルは『The Next Day』で14曲の通常盤に加えて、さらに3曲追加のデラックス盤を発売するとの事。

最近のインタビューでは自分はリタイアした身分的な事を話してたらしいけど、あっさり覆す所がいかにもこの人らしい。

ずっとこのブログで続けてきたデヴィッド・ボウイCDアルバムレビューは『リアリティ』で締めて終わろうと思っていたのに、まだ続きがあったなんて!

そしてこれがその新曲のPV映像。

【おすすめ関連レビュー記事】

デヴィッド・ボウイCDレビュー一覧


1/18追記
『戦場のメリークリスマス』(1983年公開)に出演していたボウイは、15日に肺炎で亡くなった大島渚に「オオシマさんの魂が、この世を去った。彼の才能の恩恵を受けた我々は、今それを惜しむばかりだ」と追悼コメントを寄せた。

▼David Bowie: Where Are We Now?動画



関連記事

スポンサーリンク


0 Comments

Leave a comment

スポンサーリンク