Discジャンキーズ-洋楽おすすめCDレビュー

おすすめの洋楽ロックの70~90年代を中心としたアルバムレビューと似ている曲を紹介するブログ

デヴィッド・ボウイのヒット曲から選ぶ代表曲ベスト10

スポンサーリンク

50年のキャリアと30枚以上のアルバムを発表したデヴィッド・ボウイ

本人も語っていたが、ヒット曲を連発するタイプではなくアルバムで評価されるアーティストだが、トップ10入りしたヒット曲も多い。

今回は、全英、全米のトップ10ヒットした曲という条件から代表曲10曲を年代順にまとめてみた。

Space Oddity


ボウイ初のヒット曲であり、代表曲の筆頭。
アポロの月面着陸の際にBGMとして起用され全英5位のヒット。

75年には再発されて全英1位を獲得した。

2013年には、実際の宇宙飛行士によって宇宙でカバーされた事でニュースにもなった。
リアルスペイス・オディティ/クリス・ハドフィールド

スペイス・オディティSpace Oddity(1969年)に収録。



Starman


2枚目のヒット曲で全英10位。
先日、追悼で桑田佳祐がカバーを演奏した。

ジギー・スターダストThe Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars(1972年)に収録。




The Jean Genie


ボウイにしては珍しいシンプルなロックンロール曲。
全英3位を記録。

アラジン・セインAladdin Sane(1973年)に収録。



Fame


ジョン・レノンとの共作で初の全米1位を獲得した曲。
ライブでは必ずと言って良いほど演奏されていた。
日本ではなぜか宮沢りえがカバーしている。

ヤング・アメリカンズYoung Americans(1975年)に収録。



Boys Keep Swinging


ストレートなロックナンバーだが、どこかギクシャクした演奏が良い味を出している。
PVの女性3人はすべてボウイが女装して演じている。全英7位。

ロジャー Lodger(1979年)に収録。



Ashes To Ashes


スペイス・オディティのアンサー・ソングとしてリリースされ全英1位。
芸術的なPVが発表当時に話題になった。

スケアリー・モンスターズScary Monsters(1980年)に収録。



Fashion


ボウイにしか作れない変態ディスコナンバー。
全英5位を記録。

スケアリー・モンスターズScary Monsters(1980年)に収録。




Let's Dance


一般的に代表曲として紹介される曲だが、ファンにとっては刺身のツマ的な存在感の曲。
全米1位を獲得。

レッツ・ダンスLet's Dance (1983年)に収録。



アンダー・プレッシャー(Under Pressure)


クイーンとの共作で全英1位を獲得。
ライブで両者が共演したことは一度もないが、下の動画では合成で幻の共演を果たしている。



ブルー・ジーン(Blue Jean)


PVではボウイがステージのロックスターと観客の青年のひとり2役を演じている。
ボウイの振り付けには歌舞伎の影響が色濃く出ている。
全米8位を記録した。

トゥナイトTonight (1984年)に収録。



デヴィッド・ボウイCDアルバムレビュー一覧

関連記事

スポンサーリンク


2 Comments

nasumayo  

Re: タイトルなし

結局ボウイの事知らない人はこの曲でしか紹介しようがないんですよね。
まあ悪い曲じゃないけど真っ先に挙げる曲じゃないなと。

2016/02/06 (Sat) 13:48 | EDIT | REPLY |   

旧一呉太良  

>一般的に代表曲として紹介される曲だが、ファンにとっては刺身のツマ的な存在感の曲。
訃報の報道のたびに「Let's Dance」が流れてモヤモヤしていたのですが、このコメントですっきりしました!

2016/02/06 (Sat) 02:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

スポンサーリンク