Discジャンキーズ-洋楽おすすめCDレビュー

おすすめの洋楽ロックの70~90年代を中心としたアルバムレビューと似ている曲を紹介するブログ

イアン・ハンター2017年来日が延期もしくは中止に!ローチケは10月4日までが払い戻し期限

イアン・ハンターが2017年に来日する!
そんな情報を知ったのはつい先日の事だった。

前回の記事、モット・ザ・フープル/ロックンロール黄金時代 を書いてから何となく『イアン・ハンター』のウィキペディアを見ていたら日本公演の欄に2017年9月19, 20日duo MUSIC EXCHANGEと書いていある。

え!?2015年に来たばかりなのにまた来日するの?

と思っていたら9/19(火)、20(水)、22(金)に予定していた公演の延期が発表された。
IAN HUNTER AND THE RANT BAND延期のお知らせ

理由は書いていないけど、多分チケットの売れ行きが悪いのだろう。
チケット取った時に番号がやたら若いから大丈夫かな?って思っていたので妙に納得。

だけどね知らない人もかなり多いと思うんだよね。
私も2年前の来日自体しらなかったし、2017年の来日もたまたま検索して知ったくらいだから。

モット・ザ・フープル時代からの楽曲を生で聴きたいファンもいるだろうし、だからもう少し告知(PR)をしっかりして欲しい。




イアン・ハンターのfacebookによると

プロモーターは“戦争の脅威のため”ツアーを行うことに合意しませんでした。


と書かれていたらしい。

( ゚Д゚)ハァ?何それ?
戦争の脅威って日本国内で戦争が起こるとでも?

本当に楽しみにしていたのに心底がっかりした。
ライブの期日は過ぎたのに払い戻しについて何の案内もないし。

イアン・ハンター本人は何も悪くないけどさ。

チケットが売れなかったって憶測で書くなって意見もあったけど、ちゃんとした理由の説明もなく延期になったら憶測で書くしかないだろーが。

こちとら金払ってんだから文句言う権利くらいはあるわ。

プロモーターが原因?


今回の興行を主導したプロモーターの評判がどうも芳しくない。
過去にも同様に一方的な理由をつけてキャンセルした前科があるらしい。

どうやらチケットの売れ行きが悪いとキャンセルする傾向があるようなので、やはりチケットが売れないからという予想は当たっているっぽい。

ローソンチケットの払い戻しは、10月4日までに


本日10月3日まで英国音楽に問う合わせるまで知らなかったことだけど、ローソンチケットでチケットを購入した人は、10月4日までに払い戻し手続きをしないと間に合わない。

延期と言ってもいつになるか分からないようだし、中止の可能性も充分にある。
私のようにローチケで購入した人はとりあえず払い戻しておいたほうが良いだろう。

つーかそんな重要な事、ちゃんと告知しとけよ。
fecebookで告知しましたって英国音楽個別のなんてチェックしてねーて。

電話対応もなぜか逆切れ気味だったし、英国音楽/VINYL JAPAN って全然信用出来ない。
今度からここが興行していたらチケットは買わない。

以下公演延期前に書いた記事



思えば2015年の来日はまったく知らずに終わっていた・・・
ぴあとかの大手の流通に乗らなかったのか、忙しくて情報を見逃していたのかも知れないけど、あの時はガッカリした。
知っていたら絶対に行ってたのにと。

それなのにたった2年で来日してくれるのは全くの予想外だった。

2017 SEP 19(tue) & 20(wed)
渋谷duo MUSIC EXCHANGE



これ以外にも大阪でもライブがあるみたい。

チケットはプレイガイド系列ではやはり流通していないが、HMV ONLINE/エルパカBOOKSで販売されていたので購入できた。

定価8.800円+発券手数料で9.000円ちょいぐらい。
まあはるばる来てくれるのだからこれくらいはね。

2015年の来日ライブの様子はどうだったか気になってググっても来日決定!って記事はあるけど実際に行ったって情報はほとんど出てこなかった。

観に行った人はやはり少なく、それをブログに書く人なんてほんと少数なんだな。

ところで新しくなっったモット・ザ・フープルの日本盤ライナーで知った事なんだけど、イアン・ハンターって1946年生まれってプロフィールだったけど、実は1939年生まれらしい。

モット時代は7つもサバ読んでたんかいこのおっさん。

多分、デヴィッド・ボウイとミック・ロンソンの年齢に寄せたんだろうな。

てって事は、今年78歳!?ポール・マッカートニーやミック・ジャガーよりも年上で誰がなんと言ってもおじいちゃんではないか。

おそらくさすがに最後の来日くさい感じがする。
どんなライブになるのか今から楽しみだ。
関連記事

スポンサーリンク


0 Comments

Leave a comment

スポンサーリンク